歯とカラダの健康情報|仙台市 泉区の市名坂歯科医院

歯とカラダの健康情報

医院のブログ

歯周病菌がウイルス感染に影響?

新型コロナウイルスの感染を心配されている人が多くいると思います。
ただ、今のところ新型コロナウイルスに特化した予防データはありません。
今回もインフルエンザウイルスでのデータを基にお伝えします。

〈歯周病菌でインフルエンザが拡大〉

実は、歯周病菌は体内にインフルエンザウイルスが入るのを手助けしているのです。 インフルエンザウイルスは体内に侵入するのに粘膜を破壊する必要があります。 そして粘膜を破壊する際に酵素を出します。歯周病菌は、この酵素を活性化させているのです。歯周病菌の助けを借りて侵入したウイルスは、増殖して症状を引き起こします。 研究データによると、インフルエンザだけの感染よりもインフルエンザ+歯周病菌の方が 感染が早くなることがわかっています。

〈歯磨きでは取れない汚れがある〉

歯周病菌は、プラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊の中にいます。朝起きた時に歯がヌメヌメするのは細菌が増殖しているからです。当然、歯ブラシは重要なのですが歯ブラシだけだと汚れの60%しか取れません。つまり約40%の汚れが毎日毎日、お口の中に残っているのです。そこで必要なのが以下の2つです。

(1) フロスや歯間ブラシも使ってキレイにする

フロスや歯間ブラシを使うことで約80%の汚れ(歯垢)が取れます。

(2) 歯科医院で磨き残しや歯石を除去する

一般的に歯磨きだけでは汚れの取り残しが20~40%程度あります。

新型コロナウイルスは元より、風邪やインフルエンザなどにも
ならないことが大切ですね。こんな時だからこそ

いつも以上にお口をキレイに保って感染を予防しましょう。

この投稿へのコメント


CAPTCHA


ページトップ