ホワイトニング|仙台市 泉区の市名坂歯科医院

ホワイトニング

歯に自信があると、人に笑顔をみせたくなるものですよね

あなたの歯は魅力的ですか?

歯に自信があると、人に笑顔を見せたくなるものですよね。

気になる歯の着色や黄ばみを、歯を削らずに白くするのが「歯のホワイトニング」。

ホワイトニングには、医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングの2つの方法があります。

市名坂歯科医院では、いろいろなホワイトニングをご用意しており、それらを患者さんの都合に合わせてご提案いたしますのでお気軽にご相談ください。

「一度ホワイトニングをすれば、一生白い歯でいられますか?」とよく質問されますが、コーヒーや着色料の入った食品、タバコのヤニなどが付着すると時間とともに、歯は汚れてしまいます。

市名坂歯科医院では、お手頃な価格設定をしていますので、歯が汚れたらクリーニングするという感覚でお試しください。

ホワイトニングの効果は個人差があります。

ホワイトニングの効果は個人差があります。

1. オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。
専用ジェルを塗り、LEDを照射することによって歯を白くしていきます。

市名坂歯科医院では、術後のしみが出にくいオフィスホワイトニングの方法を取り入れています。

市名坂歯科医院のオフィスホワイトニングのメリット

デメリット

価格

これを3回行うので、5,000円×3=15,000円(税別)掛かります。

※歯の表面が汚れている場合、又は歯石がある場合はすぐにホワイトニングが出来ない事もあります。その場合は一度、口腔内検査が必要になります。

2. ホームホワイトニング

家でゆっくりと自分のペースで白くしたい方にオススメ!!

トレー法(マウスピース法)

治療の流れ
トレー法(マウスピース法)
トレー法(マウスピース法)
メリット
デメリット
価格

ホワイトニング

トレー代:上顎用・下顎用 各7,000円(税別)
ホワイトニング用ジェル:1本2,500円(税別)

※ホワイトニングを行う歯の本数によりジェルの使用量が違ってきます。

3. オフィス+ホームホワイトニング

より白くしたい方にオススメ!!

ホワイトニングは必ず後もどりが起こりますので、後もどり防止を兼ねていろいろなホワイトニングを楽しみながら続けて行っていく方法です。

ex(1) オフィスホワイトニング

ホームホワイトニング(トレー法)
2~3か月ごとに、2週間、1日2時間行っていく

オフィス+ホームホワイトニングをやるのが面倒な方、そこまでこだわりのない方は、半年から1年に1度のオフィスホワイトニングを継続して行うことをおすすめします。

★ホワイトニングの効果や後もどりは、食生活や生活習慣などにより個人差があります。

ホワイトニングを行っている方の喜びの声

あなたも笑顔美人に変身します

よくある質問について

Q. ホワイトニングは痛くないの?

痛みはほとんどありません。

Q. ホワイトニングは何歳からできますか?

基本的には、全部永久歯に生え変わった段階から可能です。具体的には14歳くらいからで年齢の上限はありません。年配の方こそアンチエイジング(若返り)のためにも是非行ってください。

Q. ホワイトニングの副作用は大丈夫なの?

ホワイトニングジェルの主成分は、お口の消毒剤としてよく使われている過酸化水素水です。副作用に問題はありません。

ホワイトニング ホワイトニング

Q. 歯のどのくらいの深さまで色調を変化させるのですか?

抜去歯の左側半分にホワイトニングを行い、右側半分はホワイトニングを行いませんでした。 その結果、表面では明らかに色調の違いが認められましたが、表面から0.25mm削除したものでは、両者に違いは認められませんでした。

以上の結果から、ホワイトニングジェルはエナメル質のごく表層部の色調を変化させていることがわかりました。

ホワイトニング

ホワイトニングができない場合と効果が期待できないケース

着色・変色の原因について

1. エナメル質表面の着色

何らかの着色物質が歯のエナメル質表面や目に見えない歯の非常に微細な亀裂に付着して変色を起こしたりします。

着色物質としては、コーヒー・紅茶・緑茶などの飲食物によるもの、タバコなどの嗜好物によるもの、あるいは歯に付着したプラーク(歯垢)と色素生成菌によるものなどがあげられます。

エナメル質表面の着色

2. 加齢による変色

正常な歯でも、その色にはかなり個人差があり、これはエナメル質の厚さや光の透過性、象牙質の色や厚さなどによって決定されます。

加齢とともにエナメル質は、咬耗や摩耗によって薄くなり象牙質は添加が生じますので黄色味を増しています。

加齢による変色

3. 薬物による変色

抗生物質の一種であるテトラサイクリンによる歯の変色が最もよく知られています。これは体内の硬組織に集まりやすいテトラサイクリンが永久歯の歯冠部が形成される胎生6ヶ月から8歳ごろまでの間に、風邪・流行性耳下腺炎・気管支ぜんそく・はしかなどの感染症に対して投与されたものが沈着したものと言われています。

加齢による変色

4. 神経の変性・失活による変色

神経の変性・失活による変色

5. 金属による変色

金属で歯を修復すると、金属中の成分が溶出して歯を変色させる場合や、金属自体の色が歯を透過して変色として見える場合があります。

金属による変色

初めてホワイトニングをした感想