歯とカラダの健康情報|仙台市 泉区の市名坂歯科医院

歯とカラダの健康情報

医院のブログ

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

 

最近の投稿

 

 

 

ブログ
24時間WEB予約

3ヶ月先までのご予約も承ります
検診・歯のクリーニング・治療のご相談のご予約を優先的にお取りいたします。

 

歯医者に行けない方が自宅でできる歯のケア(3)

すでに虫歯がある方や、歯の根っこの治療中の方は、できるだけ早く治療を行うべきでしょう。

急に症状が出た場合には、新型コロナウイルスのようなウィルス性疾患が蔓延していたり、インフルエンザなどが流行している時期においては、感染予防を徹底するために、事前に歯医者にお電話でご予約頂きたいと思います。

今回は、歯磨きやフロスなどの基本的なケアに加えて、ご自宅でできる歯のケアやメインテナンスについてご紹介いたします。

(1)歯磨きとフロスを使用した歯のケア方法について

・歯ブラシは、毛先の開いていないものを使いましょう。

 ご自宅で使用している歯ブラシをよく見て下さい。

 毛先が開いていなくても、使用してから3~4週間経過していれば、新しいものと交換して下さい。歯ブラシのナイロンの毛先が摩耗して、プラーク(歯垢)の除去効率が著しく落ちてしまいます。

・歯ブラシだけでは、歯の汚れを落とすことはできません。デンタルフロスで歯と歯の間のケアをするようにしましょう。

(2)洗口液(マウスウォッシュ)を使いましょう

 洗口液には抗菌剤が配合されているものが多いかと思います。

 洗口液はお口の中の細菌数を減らすことに効果がありますので、ぜひ積極的にご使用ください。

 商品により推奨される使用方法は異なりますので、ご使用になる洗口液の使い方をもう一度確認していただく事をおすすめいたします。

 洗口液のピリピリする感覚が苦手な方は、アルコールフリーのものをご使用ください。最近ではマイルドな洗口液も多くなり使いやすくなりました。

 ただし、洗口液は歯磨きの代わりにはなりませんのでご注意ください。歯に付いてしまったバイオフィルム(微生物の集合体)は、歯ブラシやフロス等で取り除く必要があります。

 あくまでも洗口液はお口の中の細菌数を減らすための補助的な手段です。

(3)禁煙をする

 喫煙は、ご存知の通り、全身の健康状態や歯周病の悪化と密接に関係しています。癌や糖尿病、循環器疾患(心臓病や脳卒中)、呼吸器疾患(喘息や肺気腫)などの多くの病気の原因であることは知られていますが、歯周病にも大きな影響を及ぼすだけでなく、歯周病に罹患することによって様々な病気のリスクが上昇します。

 また、喫煙者は非喫煙者に比べると3倍歯周病にかかりやすく、2倍歯を失うと言われています。さらに、喫煙は免疫機能にも悪影響を与え、ウィルスなどの病原菌に感染しやすくなります。

 新型コロナウイルス等のウィルス性疾患は、50歳以上の方で癌や糖尿病、免疫疾患、心臓病、肺疾患にかかっている人のリスクが高くなることがわかっています。

 ぜひ、禁煙されることをお勧めいたします。

(4)キシリトールガムを咬む

 キシリトールは糖アルコールの一種で、多くの野菜や果実にも含まれています。

虫歯菌の一種であるミュータンス菌は、食べ物に含まれている糖を取り込み、酸を生成し歯を溶かして虫歯の原因をつくりますが、キシリトールはミュータンス菌が分解できませんので、口の中が酸性化することがありません。

ミュータンス菌が分解できないということは、ミュータンス菌の餌にならないので成長を抑制し減少させることができます。

またキシリトールガムは咬むことで唾液の分泌を促進しますので、酸性化したお口の中を中和させて再石灰化を促進させます。

キシリトールガムには虫歯予防効果があることはよく知られていますが、正しい使用方法をご存知ですか?

キシリトールガムの使用方法は、キシリトール100%のガムを1日3~5回、1回2粒を5分程度咬んで下さい。

食後はもちろん、間食や就寝前にもお勧めします。

コンビニ等で売っているキシリトール配合の商品はキシリトールの含有率が低く、他の甘味料も含まれています。

キシリトール以外の甘味料は酸を発生させる可能性がありますので注意が必要です。

家の中で過ごすことが多い方は、ついついお菓子を食べてしまい、虫歯や体重を心配している方が多くいらっしゃるかと思います。

キシリトールのカロリーはショ糖の4割と低く、インシュリンを必要とせずに血糖値の上昇が穏やかで糖尿病の患者様も比較的安全に摂取することができます。

ついつい食べてしまうお菓子を、キシリトール配合のものに変えることにより、虫歯や体重の心配を少しでも減らせるかもしれません。

かかりつけの歯科医院で相談してみてください。

ただし、これらは歯磨きをしっかり行った上でのお話です。 キシリトールガムを咬んでいるから虫歯にならないということではありませんのでご注意願います。

(5)ご自宅での過ごし方

 見落とされがちなお口の健康は、悪い状態のままで放置してしまうと身体全体に悪影響を及ぼしてしまうかもしれません。

 今どうしても歯医者に行けない方は、ぜひ今回ご紹介したような自宅でできるデンタルケアを実践して健康維持に努めましょう。

 健康を維持するためには、このようなデンタルケアだけでなく、食事や間食の時間を決めて、ながら食いや清涼飲料水、砂糖の入った飲み物の摂取を行わないことも大切です。

 歯の痛みがあるなどの緊急性の高い方は、放置せずに早めに歯医者を受診し治療を受けるようにしてください。

2020年05月23日 17:21|コメント(0)トラックバック

歯医者に行きたいけど、コロナが心配(2)

(3)市名坂歯科医院が行っている新型コロナウイルス対策等のウイルス性疾患対策について

☆院内感染予防として、普段から行っている取り組み

 ・マスクとグローブ、ゴーグルの着用

 ・グローブの患者様ごとの交換

 ・患者様用のエプロンは使い捨てにし、患者様ごとに廃棄

 ・治療器具類は、ドリル等のハンドピースを含め患者様ごとに交換し、滅菌・消毒

 ・口腔外バキュームを使用し、粉塵の飛散の防止

 ・各診療台(ユニット)をポイックウォーター(次亜塩素酸水)による清拭

 ・スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒

 ・診療室内での空気清浄機の使用

 ・治療時に「細菌数ゼロ」の治療水「エピオスエコシステム」を使用

 ・待合室でポイックウォーター(次亜塩素酸水)を使用しての超音波噴霧器の使用

☆ウイルス性疾患(新型コロナウイルス等)対策として追加で行っている取り組み

 ・待合室での消毒液の設置

 ・ドアノブなどを消毒液で清拭

 ・待合室のイスを消毒液で清拭

 ・こまめな換気

(4)歯医者さんに行くときに気をつけること

4-1 新型コロナウイルス感染の疑いがあるかを事前に考える

 歯医者さんに行く際に、発熱やのどの痛み、せき、息切れ、倦怠感などの症状がある場合には、受診を控えましょう。

 また、下記のような症状に当てはまる方は、「帰国者・接触者相談センター」にご相談をお願いします。

  ・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている。

  ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)といった症状がある

 なお、高齢者や基礎疾患のある方、妊婦の方に関しては、2日以上上記の症状が続く場合、相談をお願い致します。

4-2 マスクの着用やアルコール消毒などに協力する

 市名坂歯科医院では、患者様に対して院内でのマスク着用や手指のアルコール消毒のお願いをしております。

 また、咳やくしゃみが直接他の人にかからないように、診療中に咳き込む場合には、ティッシュやハンカチ、服の内側などで口や鼻を覆う「咳エチケット」に協力していただくことも大切です。

4-3 予約時間を守る

 予約時間を守り、待合室の人数をできる限り少なくすることに協力して、待合室が密集し、他の患者様と近い距離でいることを回避していきましょう。

(5)歯が痛くなる前に、歯を綺麗に保つための方法

 健康な歯を保ち、虫歯や歯周病を防ぐためには、歯垢が付着しないように、毎日の丁寧なブラッシングを行うことが大事になります。

 歯を1本1本磨いていくことで、磨き残しがないようにしっかりと歯垢を落としていきます。

 また、歯垢は歯と歯の間に溜まりやすいため、歯間ブラシなどを用いながら、汚れを落としていくことも効果的です。

2020年05月12日 13:16|コメント(0)トラックバック

歯医者に行きたいけど、新型コロナウイルス等の感染が心配(1)

新型コロナウイルス等のウイルス性疾患については、人が密になる歯科医院やクリニックへの来院は心配なことも多いかと思います。

「歯が痛いけど…」「通院中だけど、休んでダメかな」と歯医者さんに行くか行かないかで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

歯医者さんが感染リスクを下げるためにどの様なことを行っているのか、歯医者さんに行くときの注意点などについて述べていきたいと思います。

(1)感染が拡大している時期に歯医者さんに行くのをためらう理由

歯医者さんに行くことをためらってしまう理由として「そもそも外出が自粛されているなかで歯医者さんに行くことは不要不急の用事なのか」ということがあげられるかと思います。

「不要不急」の目安の定義は定まっていませんが、「その日でないとダメな用事かどうか」という基準のもとで、ご自身で判断してもらいたいと思います。

(2)治療の中断や放置により、虫歯や歯周病が悪化する可能性もあります

 歯医者さんを受診するかどうかの判断に迷う一方で、虫歯や歯周病を治療しないまま放置していると、症状が進行して虫歯が痛くなってきたり、歯茎が腫れるなどの炎症を引き起こしたりします。

また、さらに放置することで、血管の中に入り込んだ細菌が全身にまわるようになり、身体全体の免疫力低下につながることもあります。そのため、歯や歯茎の状態や急な痛みなどによっては、治療を先延ばしにすることが難しい場合もあるでしょう。

御自身で判断が難しい場合には、お気軽に市名坂歯科医院にお問い合わせください。

2020年04月28日 13:12|コメント(0)トラックバック
ページトップ