歯とカラダの健康情報|仙台市 泉区の市名坂歯科医院

歯とカラダの健康情報

医院のブログ

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

 

最近の投稿

 

 

 

ブログ
24時間WEB予約

3ヶ月先までのご予約も承ります
検診・歯のクリーニング・治療のご相談のご予約を優先的にお取りいたします。

 

認知症になりたくなければ歯を守りましょう(8)

口の中に残っている歯の数と認知症発症率には、関連があります。

東北大学大学院の研究グループが、70歳以上の高齢者を対象に行った調査によると、「脳が健康な人」の歯は平均14.9本でしたが、「認知症の疑いあり」と診断された人はたったの9.4本でした。

(ちなみに、全ての歯があるは28本、親知らずを含めると32本あります)

つまり、残っている歯が少ない人ほど、認知症になりやすいことが明らかになったのです。

昔からの言われている「歯がない人はボケやすい」ということは、科学的に見ても正しかったわけです。

さらに、名古屋大学大学院の上田実教授が行った調査によると、アルツハイマー型認知症の高齢者は、健康な高齢者と比べて、残っている歯の本数が平均して1/3しかなかったと言っています。

また、歯が無いにもかかわらずに入れ歯などの装置を使用していない率が高く、健康な高齢者の半分ほどしかいなかったそうです。

そのうえ、アルツハイマー型認知症の高齢者は、健康な高齢者よりも、20年も早く歯を失っていたことも明らかになりました。

上田教授は、歯が早く失われ、しかも治療もせずに放置しておくと、アルツハイマー型認知症の発症リスクが、健康な人の3倍になると結論づけています。

加えて、この研究では、すでにアルツハイマー型認知症を発症している高齢者に関して、失った歯の本数が多い人ほど脳の萎縮度が高いという画像診断結果が出ました。

つまり、歯がないとアルツハイマー型認知症を発症しやすいだけではなく、進行しやすいことも明らかになったのです。

となれば、私たちがこれからするべきことは明らかです。

歯をしっかり守るような「歯のケア」に取り組めばよいのです。

2022年07月05日 17:00|コメント(0)トラックバック

認知症になりたくなければ歯を守りましょう(7)

歯でモノを咬むと、咬む度に脳に大量の血液が送り込まれます。

歯の下には、「歯根膜」というクッションのような器官があって、歯はそこにめり込むようにして立っています。

咬むときは、歯がこのクッションに約30ミクロン程度沈み込みます。

そのほんのわずかな圧力で、歯根膜のある血管が圧縮されて、ポンプのように血液を脳に送り込むのです。

その量は、ひと咬みで約3.5ml。

3.5mlといえば、市販のお弁当についている、魚の形の醬油入れ。

あの小さい容器がだいたいそのくらいのサイズです。

だとすれば、「咬む」ということは、その度に、あの容器いっぱいの血液をピュッと脳に送り込んでいることになります。

ひと咬みでこの量ですから、よく咬む人の脳にはひっきりなしに血液が送り込まれて、その間は常に刺激を受け続けていることになります。

つまり、咬めば咬むほど刺激で脳が活性化されて元気になり、どんどん若返るのです。

ところが、歯の本数が少なくなればなるほど、歯根膜のクッションにかかる圧力が減って、

脳に送り込まれる血液の量が少なくなります。

脳への刺激が減って、脳機能の低下につながるわけです。

脳機能の低下は、ヤル気の喪失や、物忘れを引き起こし、やがては認知症へとつながっていきます。

2022年06月10日 10:44|コメント(0)トラックバック

認知症になりたくなければ歯を守りましょう(6)

神経外科医であるワイルダー・ペンヒィールド先生が描いた図で「ホムンクルス図」という図があります。

これは、脳の中で動作を司る「運動野」と、感覚を司る「感覚野」を表しています。

それには、脳が身体のどの部分と密接につながっているかが示されています。

それによると、表面積では身体の1/10もない歯や舌や唇を含む「口」が、脳の中では、運動野と感覚野のそれぞれ1/3を占めています。

口とつながっている顔まで含めると、なんと半分近くを占めているのです。

このことは、歯のケアなどで口を刺激すると、大脳の広い範囲にまで影響が及ぼされることを意味しています。

それにしても、なぜ口は、脳の中でこんなにも広い範囲を占めているのでしょうか?

それは、生命が口に始まり、歯で終わるからです。

私たちがこの世に生まれて、一番初めにすることは、お母さんのお乳を飲むこと。

つまり栄養の摂取です。

そのときの栄養の摂取口が「口」です。

口による栄養の摂取は、生まれてから死ぬまで続きます。

つまり、私たちが生きていくために絶対になくてはならないものだから、脳内の口の領域がこれほどまでに広くなったのです。

極端なことを言えば、手がなくても、足がなくても、生きていくことは可能です。

しかし、歯が無くなり口が使えなくなって栄養の摂取ができなくなったら、生きていけません。

歯が使えなくなったときから、生命の終わりに向かっていきます。

脳の術式を延ばす鍵は、「歯」にあったのです。

2022年05月27日 12:02|コメント(0)トラックバック

認知症になりたくなければ、歯を守りましょう(5)

認知症患者さんに定期的な歯のケアを受けていただくことは、認知症に予防・改善につながります。

ますます高齢化が進み、認知症患者が増えるとされているこれからの時代において、何よりも求められるのは「歯のケア」であり、医療分野で言えば「歯科」だと言えるでしょう。

歯科医院で、歯垢を除去するためのプラークコントロールを定期的に受けて、歯周病をよぼう・改善することは、脳の老化防止につながります。

さらに、誤嚥性肺炎、糖尿病、動脈硬化、脳梗塞や心筋梗塞などの全身疾患のリスクを下げて、「健康寿命」を延ばすことにもつながります。

なぜなら、35歳前後から増え始める歯周病菌が、認知症や全身疾患を引き起こす原因になるからです。

正しい歯のケアこそが、長寿社会を健康に生き抜くために、身に付けるべき基礎知識なのです。

これからは、「医科」と「歯科」が連携して診療にあたる「医科歯科連携」こそが、人々の健康を守るために、何よりも重要です。

2022年03月07日 14:24|コメント(0)トラックバック

認知症になりたくなければ、歯を守りましょう(4)

前回述べた35歳を過ぎたら脳のために変えなければいけない「ある習慣」とは「歯のケア」なのです。そして、認知症の原因物質の発生源となるのが、口の病気である「歯周病」なのです。

 認知症の患者さんの多くは身だしなみを整えるという感覚を忘れているため、自分で歯磨きもしなければ、入れ歯のケアもしません。

食べたものがそのまま口の中に残っていたり、歯垢がいたるところにこびりついていたり…。口臭も凄いです。

そんな患者さんのことが気にかかってはいても、ご家族はなかなか患者さんの歯を磨くことができません。

「おじいちゃんは嫌がるので、磨けません」

「おばあちゃんはデイサービスの時しか、歯を磨かせてくれません」

「入れ歯をしていますが、嫌がるので、ここ何年も外していません」

こんな事は珍しくないのです。

認知症患者さんの口の中が、凄いことになっていることに気付いた長谷川先生は、歯科衛生士にお願いして、口腔ケアを始めてみました。

すると、思ってもみなかった改善例が出始めたのです。 歯科衛生士さんによる歯のケアで、認知症の症状が改善した患者さんが何人も現れてきたのです

歯のケアによって、認知症の症状が改善し、脳が若返ったのです。

認知症の患者さんの治療には、薬物療法や非薬物療法などがありますが、歯のケアをすることで、薬も使わずにたいした時間もかけずに認知症の症状を改善できたことに認知症の専門医である長谷川先生も大変驚かれたそうです。

認知症の患者さんに奇跡をおこしたのは、歯のケアだったのです。

2022年01月31日 11:34|コメント(0)トラックバック

認知症になりたくなければ、歯を守りましょう(3)

厚生労働省は、団塊の世代がみんな75歳以上になる2025年には65歳以上の5人に1人、約700万人が認知症になると試算しています。軽度の認知症を含めると、認知症の方が1000万人の時代の到来も時間の問題だと言われています。

35歳を過ぎると脳に認知症の原因物質が溜まる?

「認知症になりやすい人」と「なりにくい人」の境目はどこにあるのでしょうか?

「35歳」という年齢が、ひとつのターニングポイントだそうです。

35歳を過ぎたころから、脳には、認知症の原因物質が溜まりやすくなります。

このタイミングで、私たちがこれまで行ってきた「ある習慣」を変えなければ、認知症発症リスクが一気に高くなることが、様々な研究で明らかになってきました。

 近年では、将来なりたくない病気として、ガンや心臓疾患を押しのけて、認知症が1位になっているほどです。

 実際のところ、特に今の50代以上の方にとって、認知症はとても身近な病気になってきています。

「できるだけ認知症になりたくない」「脳を老化から守りたい」と強く思われている方も多くいらっしゃることでしょう。

ところで、先ほど述べた、35歳を過ぎたら脳のために変えなければいけない「ある習慣」とはなんでしょうか?

それが「歯のケア」なのです。そして、認知症の原因物質の発生源となるのが、口の病気である「歯周病」なのです。

2022年01月14日 17:17|コメント(0)トラックバック

認知症になりたくなければ、歯を守りましょう(2)

記憶力が落ちた。

人の名前が出てこない。

もの覚えが悪くなった。

「なんだか最近、脳が衰えてきた気がする・・・」

そんな状況に歯止めをかけて、改善する方法があります。

それが、「歯を守ること」です。

実は、「脳」と「歯」は、とても強く結びついています。

私たちは、生まれてから死ぬまで、口から栄養を摂取し続けます。

つまり、「生きる」とは、「食べる」こと。

歯を使って、咀嚼し続けることなのです。

けれど、歳をとり、歯が抜けて咬めなくなると、脳への刺激が減っていきます。

その結果、脳が老化していきます。

しかし、しっかりと歯をケアし、咬み続けるための歯を温存すれば、

いつまでも脳を刺激し続け、脳の血流を増やし、脳を活性化することができます。

咬み続けることができれば、いくつになっても、脳は生き生きとよみがえるのです。

つまり、

歯を守ることは、

脳を守ることなのです。

2021年12月20日 16:41|コメント(0)トラックバック

認知症になりたくなければ、歯を守りましょう(1)

2021年11月23日(祝)の河北新報に、「70歳自分の歯20本以上で認知症保険最大3割引」という記事が掲載されていました。

要約すると

○○生命は、自分の歯を一定数維持すれば保険料を割り引く認知症保険を開発したと発表した。自分の歯が少ないなると認知症のリスクが高まるとの研究結果に着目。

業界初の商品だと説明している。

具体的には、70歳時点で永久歯が20本以上残っていれば、以降の保険料を1~3割値引く。歯周病がアルツハイマー型認知症の原因になるとの研究も踏まえ、歯の健康維持を支援するウェブサービスも始める。

という内容の記事でした。

この機会に、この「歯とカラダの健康情報」では、私が以前に読んでいた認知症専門医の長谷川嘉哉先生が執筆された「脳の老化を止めたければ歯を守りなさい!」の著書の中から皆さんが今日からでも活用できる内容を何回かにわたってご紹介していきたいと思います。

楽しみにしてください。

2021年12月08日 16:14|コメント(0)トラックバック

口腔状態悪化で認知機能低下の可能性

東北大学は令和3年4月16日、嚥下機能低下や歯の喪失など口腔状態の悪化がみられた人は、主観的な認知機能低下が発生する確率が高いことを明らかにしました。

この研究の結果により、口腔状態を健康に維持することは、主観的な認知機能低下を防ぎ、将来における認知症発症のリスクを減らしうる可能性が示唆されました。

研究の背景

認知症を発症している人は全世界で約5000万人いるとされ、その数は2050年までには1億5200万人まで増えると考えられています。認知症の前段階は、軽度認知障害(MCI)であり、老化と認知症やアルツハイマー病の間の状態とみなされます。そして、MCIの発症を防ぐことは、将来の認知症発症を防ぐ可能性があると考えられ、重要視されています。

近年、口腔状態の悪化が認知機能低下や認知症発症と関連することが多数の研究から明らかになっています。しかし、口腔状態の悪化や認知機能低下は長期的な経過をたどるため、ランダム化比較試験を行うことは困難でありました。そこで、この研究では、様々なバイアス(偏り)を除外する固定効果分析を用いて、口腔状態の悪化が主観的な認知機能低下の発症リスクを高めるのかについて調べました。

1万人超の高齢者を6年間追跡調査

研究は、2010年において主観的な認知機能低下がないと答えた、65歳以上の地域在住高齢者13594名を対象に行われました。「周りの人から物忘れがあると言われるか?」などといった問いに対して、認知機能の低下を示す回答をした高齢者を主観的な認知機能低下有りとみなしました。

それに加えて、「お茶や汁物でむせるか?」「硬いものが食べにくくなったか?」「口の渇きが気になるか?」などの質問を行い、嚥下機能や咀嚼機能の低下、口腔乾燥感の有無や歯の本数が、主観的な認知機能の低下と関連するかを検討しました。 調査では、年齢、持病の有無、飲酒、喫煙歴などの影響を除外しました。

認知機能低下のリスクが約3%~9%増加

質問紙調査による6年間の追跡調査の結果、参加した男性の26.6%、女性の24.9%において、主観的な認知機能の低下が認められました。

また嚥下機能、咀嚼機能、口腔乾燥、歯の喪失があった人のうち30%前後の男女において、主観的な認知機能の低下がみられました。

さらに、口腔状態の低下がある人は、そうでない人に比べておよそ10%多く認知機能低下がみられました。ただしこの値は年齢や既往歴などの影響を受けた可能性もあったため、関連する要因を考慮した解析を続けました。

その結果、嚥下機能が低下した人、咀嚼機能が低下した人、口腔乾燥感が現れた人、歯を失った人は、そうでない人に比べて認知機能低下の発生確率がおよそ3~9%高かったことが判明しました。

この研究により、将来の認知症発症リスクを高めうる、主観的な認知機能の低下は、口腔を健康に保つことで予防できる可能性が示唆されました。

出典

「口腔機能低下、歯の喪失がみられた高齢者で主観的認知機能低下のリスクが約3%~9%高い」―6年間の縦断調査よりー(東北大学プレリリース)

2021年07月20日 11:56|コメント(0)トラックバック

「歯科」からのメタボ対策

●「咬めない」状態は「メタボ」の入り口→歯科受診が必要

むし歯や歯周病が進行すると、食べ物を十分咀嚼できなくなります。

また、咀嚼機能が不十分だと、硬い食品を避けて、砂糖や油脂が豊富な軟らかい食品を好むようになり、ビタミン・ミネラル・食物繊維の摂取不足を招きます。

「咬みにくいことがある」、「ほとんど咬めない」という方は、かかりつけの歯科医院を受診なさって下さい。

歯科医院では咀嚼機能を回復する治療が行われます。また、歯周病治療による糖尿病の重症化予防も期待されます。

●「早食い」は「メタボ」になりやすい→早食い習慣に咀嚼支援を

近年、早食いの人には肥満が多いことが明らかになってきました。また、早食いは肥満だけでなく糖尿病のリスクであることもわかってきました。このように、ゆっくりよく咬む習慣を身につけることで、メタボ改善効果が期待できます。

●「間食」と「喫煙」→「メタボ」と「歯科」の共通リスク

「間食」と「喫煙」は、前者は「むし歯」の、後者は「歯周病」のリスクでもあり、 共通のリスクと捉えた保健指導を行う必要があります。

2021年06月10日 10:45|コメント(0)トラックバック
ページトップ