歯とカラダの健康情報|仙台市 泉区の市名坂歯科医院

歯とカラダの健康情報

医院のブログ

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

 

最近の投稿

 

 

 

ブログ
24時間WEB予約

3ヶ月先までのご予約も承ります
検診・歯のクリーニング・治療のご相談のご予約を優先的にお取りいたします。

 

認知症になりたくなければ歯を守りましょう(24)

脳の老化を防ぐ歯のケア方法・・・・・・その1

では、脳の老化を防ぐ歯のケアの方法について、お話していきましょう。

この方法を身につけて、毎日実践していただくだけで、脳の老化を防いで若返らせることもできるようになります。

歯のケアを始める前に、皆さんに確認していただきたいことがあります。

あなたの「舌の先」は今、口の中のどこに触れていますか?

「舌の置き場所」には、正しい位置があります。

この置き場所が間違っているだけで、歯周病菌やむし歯菌が増えやすくなるのです。

その結果、脳の老化が加速する可能性があります。

舌先は、上の前歯の裏側の付け根の歯ぐきのあたりに、すっぽりとおさまっているのが本来の正しい位置です。

前歯にギリギリくっつかない、歯の付け根(歯ぐき)あたりになります。

このとき舌全体は、ぴったりと上顎にくっついています。

何もしていないときや、何かを飲み込むときには、このポジションに舌がくるのが、本来の正しい状態なのです。

大切なポイントは、舌先だけでなく、舌全体が上顎にくっついていることです。

しかしながら、これができている人は50%程度だと言われています。

多くの人は、舌先が前歯の裏側に当たっていたり、本来の位置よりも下がっていたりなどの状態でいます。

ところで、なぜ舌の位置が正しい位置にないと、口腔内の細菌が増えるのでしょうか?

それは、舌のポジションが本来の位置からずれると、口がポカンと開いた状態になり、「口呼吸」になってしまうからです。口呼吸を続けていると、口の中が乾燥しやすくなります。

乾燥すると、食べカスが歯にこびりついて落ちにくくなり、それをエサにして口腔内細菌がたちまち増殖します。

口呼吸をしている人の口臭が強くなるのはこのためです。

こうして増えた口腔内細菌が歯周病などを引き起こし、私たちの脳の老化を加速します。

この投稿へのコメント


CAPTCHA


ページトップ