歯とカラダの健康情報|仙台市 泉区の市名坂歯科医院

歯とカラダの健康情報

医院のブログ

新型コロナウイルス等と歯周病による免疫力低下について

新型コロナウイルスの感染が拡大していて、不安を感じている方も多いかもしれません。

「歯医者に行きたくても、外出したくない」、「歯医者での感染が怖い」というお声も耳にします。

そこで今回は、「免疫力と口腔内の関係」についてご紹介したいと思います。

感染症に罹患しないように、免疫機能を正しく維持することが重要だと様々なメディアで報じられています。

免疫力とは、病気などに対抗して身体を守ろうとするチカラのことです。

栄養や睡眠が不足したり、過度なストレスを抱えていると免疫機能が低下して、病気に対抗できずに風邪や感染症などにかかりやすくなります。

正しい生活習慣を心掛けることで免疫力を正しく維持させて、感染症にかからないように呼びかけられています。

では、口腔内の健康はどの様に免疫力に関連してくるのでしょうか。

口腔内で多くの人に見られる慢性炎症は、歯周病といわれる症状です。

炎症が発生していると免疫機能がうまく働かずに免疫力の低下につながってしまいます。

また歯周病は、免疫力を低下させるだけでなく、虫歯や口臭にも繋がります。

治療を先延ばしにしてしまうと、口腔内環境の悪化につながり、その結果免疫力が低下してしまう悪循環となってしまいます。

免疫力を正しく機能させて、リスクを減らすためにも口腔内の環境を清潔に保つ必要があります。

外出自粛時においても歯医者さんへの通院は対象外となっております。

虫歯や口腔内に違和感を抱えたままですと状態を悪化させてしまいます。

痛みや違和感がある方は、早めに歯医者にかかることをオススメいたします。

この投稿へのコメント


CAPTCHA


ページトップ