歯とカラダの健康情報|仙台市 泉区の市名坂歯科医院

歯とカラダの健康情報

医院のブログ

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

 

最近の投稿

 

 

 

ブログ
24時間WEB予約

3ヶ月先までのご予約も承ります
検診・歯のクリーニング・治療のご相談のご予約を優先的にお取りいたします。

 

認知症になりたくなければ歯を守りましょう(9)

脳を活性化し若返らせるためには、歯をしっかり守るための歯のケアを行えばよいのです。こう言われたあなたは、もしかしてこのように思っていませんか?

「それなら自分は歯磨きを1日3回しているから大丈夫だな」

「自分はほとんどむし歯がないし、きちんとケアをしているから、この調子なら問題ないな」

いえいえ、今までのやり方で大丈夫だったのは、これまでの話です。

実は、歳をとってくると、口の中の環境が変わって、ある細菌が増えやすくなってきます。

それが歯周病菌です。

歯周病は、歯周病菌の感染によって起こる「歯ぐきの炎症」です。

ごく軽い炎症からはじまるので、痛みもなく自覚症状がありません。

静かに進行して、違和感に気づいて歯科医院に行くころには、すでに歯ぐきも歯を支える骨もボロボロになっていることがよくあります。

そうなると、抜歯をするしかありません。

歯が無くなれば脳血流が減って認知症リスクが高くなってしまうことは、今までお話してきた通りです。

歯周病は脳を老化させる大きな原因なのです。

この歯周病は日本人の大人のほとんどが患っている、いわば国民病です。

その発症率は35歳前後から上がっていき、40代になるころには、なんと80%もの人が進行には差がありますが歯周病を発症しています。

実は、若い人の口の中にも歯周病菌はたくさんいるのです。

それなのに、35歳前後から発症率が増えていくのは、この頃から加齢により免疫力が低下するせいだとする説があります。

若いころは歯周病菌で歯ぐきに軽い炎症が起こっても治っていたのに、免疫力が落ちたせいで修復のスピードが追いつかずに歯周病が進行していくというわけです。

だとすれば、若いときと同じ歯のケアをしていたのでは、たちまち歯周病を発症することになります。

事実、むし歯がなかったり、歯磨きに自信がある人ほど、「自分は大丈夫だ」と過信して、歯科健診を怠り、歯周病を進行させてしまうことが多いのです。

歯周病は、風邪などと違って自然治癒しませんから、脳の老化を防ぎ、イキイキとした脳の状態を保ちたちなら、35歳からは歯のケアをこれまでと変えていかなければなりません。

この投稿へのコメント


CAPTCHA


ページトップ