歯とカラダの健康情報|仙台市 泉区の市名坂歯科医院

歯とカラダの健康情報

医院のブログ

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

 

最近の投稿

 

 

 

ブログ
24時間WEB予約

3ヶ月先までのご予約も承ります
検診・歯のクリーニング・治療のご相談のご予約を優先的にお取りいたします。

 

認知症になりたくなければ、歯を守りましょう(2)

記憶力が落ちた。

人の名前が出てこない。

もの覚えが悪くなった。

「なんだか最近、脳が衰えてきた気がする・・・」

そんな状況に歯止めをかけて、改善する方法があります。

それが、「歯を守ること」です。

実は、「脳」と「歯」は、とても強く結びついています。

私たちは、生まれてから死ぬまで、口から栄養を摂取し続けます。

つまり、「生きる」とは、「食べる」こと。

歯を使って、咀嚼し続けることなのです。

けれど、歳をとり、歯が抜けて咬めなくなると、脳への刺激が減っていきます。

その結果、脳が老化していきます。

しかし、しっかりと歯をケアし、咬み続けるための歯を温存すれば、

いつまでも脳を刺激し続け、脳の血流を増やし、脳を活性化することができます。

咬み続けることができれば、いくつになっても、脳は生き生きとよみがえるのです。

つまり、

歯を守ることは、

脳を守ることなのです。

この投稿へのコメント


CAPTCHA


ページトップ