歯とカラダの健康情報|仙台市 泉区の市名坂歯科医院

歯とカラダの健康情報

医院のブログ

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

 

最近の投稿

 

 

 

ブログ
24時間WEB予約

3ヶ月先までのご予約も承ります
検診・歯のクリーニング・治療のご相談のご予約を優先的にお取りいたします。

 

認知症になりたくなければ歯を守りましょう(18)

口腔内細菌がもたらすさまざまな病気(4)・・・脳卒中

・要介護リスク第1位の「脳卒中」も歯周病がきっかけです

歯周病が引き起こす全身疾患には、「脳血管疾患(脳卒中)」もあります。

脳の血管が詰まったり、切れたりする病気です。

日本歯科大学の菊谷武先生らの報告によると、「脳卒中で入院した患者」、「それ以外の入院患者」、「健康な人」の3つのグループで歯周病検査を行ったところ、脳卒中で入院した患者さんの歯周ポケットが他の2グループよりも深く、歯周病がより重度だったとおっしゃっています。

つまり、歯周病が脳卒中リスクを高めていると考えられているわけです。

なぜ歯周病が脳卒中リスクを高めるのでしょう。

その理由は、やはり炎症物質である「サイトカイン」にあります。

歯周病菌が出す毒素の影響で、歯ぐき付近でサイトカインが作られます。

この炎症物質が血管に入り込んで血流に乗って全身を巡ると、全身の血管内のあちこちで炎症が起こります。

炎症がひどくなると、動脈の内壁が厚く硬くなって、血管が詰まりやすくなったり、切れやすくなったりします。

これがいわゆる「動脈硬化」です。

動脈硬化が進行して脳の血管がボロボロになると、脳卒中が起こりやすくなるのです。

ちなみに、脳の血管が詰まれば「脳梗塞」、脳の血管が破れて出血すると「脳出血」になります。

これらの脳卒中は、日本人の要介護状態を引き起こす原因の第1位となっています。

脳血管のトラブルから、顔面や手足の麻痺が引き起こされることもあるからです。

日本臨床歯周病学会によりますと、歯周病の人は、そうでない人とくらべて、2.8倍も脳梗塞になりやすいそうです。

歯周病を放置すると、それがきっかけとなって、要介護状態に陥る可能性もあるわけです。

2023年01月17日 12:13|コメント(0)トラックバック

認知症になりたくなければ歯を守りましょう(17)

口腔内細菌がもたらすさまざまな病気(3)・・・糖尿病

・歯周病菌が、糖尿病を引き起こす⁉

近年、歯周病がさまざまな全身疾患を引き起こすきっかけになっていることがわかっています。

例えば、「糖尿病」です。

糖尿病は、すい臓から分泌されるホルモンである「インスリン」の働きが阻害される病気です。

インスリンが正常に働かないと、血流中の栄養(ブドウ糖)を全身の細胞にうまく取り込めなくなります。

血流中のブドウ糖を「血糖」と言いますが、糖尿病になると、血液中のブドウ糖を処理しきれなくなって、血糖値が上がります。

血糖値が上がった状態が長く続くと、全身の血管に負荷がかかってボロボロになり、やがては網膜、腎臓、足の毛細血管、大動脈などに障害を引き起こします。

最悪の場合、失明したり、腎不全が起きて人工透析が必要になったり、足に潰瘍や壊疽が起こって切断が必要になることさえあります。

脳の血管がボロボロになると、血管性認知症の原因になる場合もあります。

進行すると非常に恐ろしい糖尿病ですが、これに歯周病が関連していることが明らかになっています。

歯周病菌が出す毒素の影響で作られる炎症物質である「サイトカイン」が血管を通して全身に放出されると、インスリンが効きにくくなって、糖尿病が発症・進行しやすくなるのです。

・歯周病患者は2倍、糖尿病になりやすい

この事実を裏付けるいくつかの調査報告があります。

アメリカ国民健康栄養調査(NHANES)によると、歯周病患者が糖尿病になる率は、歯周病でない人の約2倍とされています。

この調査によると、歯周病患者は、糖尿病と診断されるほどの高血糖ではなくても、平均血糖値が高い人が多いことも明らかになりました。

これは、今は糖尿病を発症していなくても、歯周病であれば、いわゆる「糖尿病予備軍」の可能性が高いということです。

また、東京医科歯科大学大学院総合研究科の和泉雄一教授の報告によると、歯周病にかかっている糖尿病患者に対して、歯科医師が歯石除去と歯のブラッシング指導を行ったところ、平均血糖値が低下したとおっしゃっています。

つまり、歯周病の原因となる歯石やプラークを落とすと、糖尿病リスクが下がることがわかったのです。

歯周病と糖尿病の関連性は、医療界に徐々に浸透しはじめています。

近年では、医科と歯科が連携して患者さんの治療にあたる「医科歯科連携」を行っている医療機関も少しずつ増えてきています。

2023年01月07日 15:15|コメント(0)トラックバック

認知症になりたくなければ歯を守りましょう(16)

口腔内細菌がもたらすさまざまな病気(2)・・・アルツハイマー病(その2)

・歯を守れば、脳のゴミは押し流すことができる!

歯周病にかかっている期間が長ければ長いほど、脳に溜まる脳のゴミの量は増えていくと考えられます。

だとすれば、すでに脳のゴミが溜まり始めていると思われる歯周病患者さんは、認知症の予防に関して、もう手遅れなのでしょうか?

いえいえ、そんなことはありません。

なぜなら、すでに溜まりつつある脳のゴミさえも、正しい歯のケアを行うことで、減らすことができるからです。

歯のケアで脳のゴミを減らすメカニズムには、次の2つがあります。

ひとつは、歯磨きなどで、歯周病菌を徹底的に減らすことです。

歯周病菌を減らせば、脳のゴミであるアミロイドβの発生そのものを抑えることができるのです。

もうひとつは、正しい歯磨きをすることで歯周病を予防して、たくさんの歯を保存することです。

高齢者になってもたくさんの歯を残せれば、咬むことで歯の根元にある歯根膜のポンプをプッシュして、勢いよくどんどん脳に血液を送り込むことによって、脳内のアミロイドβを流すことができます。

歯で咬むことで、アミロイドβが少なくなることを裏付けるデータもあります。

広島大学の研究グループが、よく物を咬むことができるマウスと、歯が無くて柔らかい物しか食べられないマウスを比較しました。

すると、歯の無いマウスの方には大脳皮質にアミロイドβが沈着し、さらに記憶や学習能力に関わる「海馬」の細胞数が少なくなっていたことがわかりました。

歯が無いために、脳血流を増やしてアミロイドβを押し流すことができずに、認知症を発症したと思われます。

これらのことからも、35歳を過ぎたら脳の老化を防ぐための歯のケアを徹底して行う必要があると言えます。

2022年12月14日 15:15|コメント(0)トラックバック

認知症になりたくなければ歯を守りましょう(15)

口腔内細菌がもたらすさまざまな病気(2)・・・アルツハイマー病(その1)

・歯周病になると、脳にゴミが溜まる

ここからは、口の中のボヤである歯周病が、全身にどんな病気をもたらすかを見ていきましょう。

まずは、認知症です。

歯周病を引き起こす歯周病菌が、アルツハイマー型認知症の原因となることがわかっています。

歯周病菌が出す毒素によって歯ぐきなどに炎症が起きると、血液中に炎症物質である「サイトカイン」が流れ込みます。

このサイトカインが血液で運ばれて脳に流れ込むと、「アミロイドβ」というタンパク質が脳の中で増えるのですが、これが「脳のゴミ」と呼ばれるものです。

アミロイドβは、脳の中で記憶を司る「海馬」を中心に少しずつ溜まっていきます。

溜まったゴミに圧迫されて、徐々に脳細胞が死滅していきます。

どんどん記憶力が低下していきます。

これがアルツハイマー型認知症の発生、悪化のメカニズムだと考えられています。

つまり、歯周病になると脳にゴミが溜まって、アルツハイマー型認知症の発症・悪化のリスクが高まるのです。

悪化リスクがどのくらい高まるかを調べた研究があります。

アルツハイマー病のマウスと、アルツハイマー病でさらに歯周病菌に感染させたマウスを比べた結果、役4ヶ月後には、歯周病菌に感染させたマウスの海馬に沈着したアミロイドβは、なんと面積で約2.5倍、量で約1.5倍に増えていたそうです。

・脳のゴミである「アミロイドβ」とアルツハイマー病の関係

ちなみに、アミロイドβが脳内に溜まって認知症を発症するまでには、約25年ほどかかると言われています。

厚生労働省の歯科疾患実態調査によると、歯周病を発症する人の年齢のピークは45~54歳とされているのですが、これに25年を足すと、アルツハイマー型認知症患者が急増する70代という年齢層とぴったり重なるのです。

このことからも、歯周病とアルツハイマー病の関わりが推測されます。

また、アメリカの研究グループが、アルツハイマー型認知症で亡くなった人の脳を調べたところ、歯周病の原因菌の代表格であるプロフィロモナス・ジンジバリス菌が出す毒素である

リポポリサッカライド(LPS)が高頻度で検出されました。

その一方で、アルツハイマー型認知症を発症していない人の脳からは、LPSは検出されていません。

これで、歯周病がアルツハイマー型認知症に影響を及ぼしていることがはっきりとわかったのです。

2022年12月03日 13:19|コメント(0)トラックバック

認知症になりたくなければ歯を守りましょう(14)

口腔内細菌がもたらすさまざまな病気(1)・・・歯周病(その2)

・プラーク中の細菌数は、肛門よりも多い

プラークは、食事の後に口の中に残る食べカスではありません。

口の中で増殖した歯周病菌やむし歯菌などの微生物の塊なのです。

自分の歯の根元を爪でこすってみてください。

白っぽいネバネバしたものがとれませんか?

これが食べカスではなくプラークなのです。

もともと、口の中には、100億の細菌がいると言われています。

この数は、肛門にいる細菌の数よりも多く、歯のケアが不十分で口の衛生状態が悪い人の場合は1兆を超えるそうです。

・食後8時間でできるプラークは、24時間で歯石になる

歯周病菌やむし歯菌などの細菌は、口の中の食べカスをエサにして増殖します。

食後4~8時間程度でネバネバとした粘液を出すプラークとなりますが、そのまま放置するとさらに凄い勢いで増殖し、約24時間後には石灰化して「歯石」となります。

プラークは日本語では、「歯垢(歯のアカ)」と言いますが、この「垢(アカ)」から水気が抜けて、硬い「石」になるのです。

ネバネバしたプラークは歯磨きで落とすことができますが、硬い歯石は歯磨きでは取ることはできません。

また、歯石の表面は、歯の表面よりもザラザラして引っ掛かりがあるため、歯よりもずっとプラークが溜まりやすくなります。

つまり、歯石が溜まると、より歯周病になりやすくなるのです。

・歯周病が起こす口の中の「ボヤ」が全身に飛び火します

プラークが溜まって歯周病が進行すると、歯ぐきが赤く腫れてきます。

本来、健康な歯ぐきというのはピンク色をしているのですが、歯周病の患者さんの歯ぐきは真っ赤です。

これは、歯ぐきに軽度の炎症、つまり、「ボヤ」が常にあるということです。

ボヤを消さずに放置していたらどうなるでしょうか?

当然、さまざまなところに飛び火します。

人間の体内でも、同じことが言えます。

口の中のボヤが脳に飛び火すれば認知症に、心臓に飛び火すれば心筋梗塞を引き起こすます。

ですから、歯周病予防のために、歯石になる前に、プラークを落とす歯磨きをする必要があるのです。

2022年11月16日 12:02|コメント(0)トラックバック

認知症になりたくなければ歯を守りましょう(13)

前号でトライしていただいた「脳寿命チェックリスト」。

あなたはいくつチェックがついたでしょう。

ひとつでもチェックがついた方は、口腔内状態の悪化による脳の老化が始まっている可能性があります。

なぜなら、歯が抜ける原因となる「歯周病」の兆しが、すでに見えているからです。

歯周病で歯が抜けると、咬むことで脳の血流をアップして、脳を元気に保つことが難しくなります。

そうすると、認知症が発症しやすくなるのです。

それだけではありません。

口腔内細菌の一種である歯周病菌が、さまざまな全身疾患を引き起こす原因になっていることもわかっています。

ここからは、口腔内の状態の悪化がもたらすさまざまな病気についてお話していきます。

口腔内細菌がもたらすさまざまな病気(1)・・・歯周病(その1)

・歯が抜け、そして認知症の原因となる歯周病

口腔内の状態の悪化がもたらす病気と言えば、代表的なのが「歯周病」です。

前号でお話した「脳寿命チェックリスト」は、「歯周病チェックリスト」でもあります。

・大人が歯を失う原因の第1位は、むし歯ではなく、歯周病です。

歯周病を予防するためには、まずは歯磨きでお口の中を清潔にして、歯周病菌を徹底的に減らす必要があります。

・歯周病は、歯周病菌の感染によって引き起こされる、口の中の炎症性疾患です。

歯磨きが不十分で、歯と歯ぐきの境目の清掃が行き届かない状態でいると、そこに食べカスや歯周病菌を始めとする細菌の塊が溜まって、歯ぐきの縁(ふち)が炎症を起こして、赤くなったり、腫れたり、出血したりします。

歯と歯ぐきの境目には、通常1~2mm程度の深さの溝があるのですが、歯ぐきの縁の炎症がひどくなると、この溝がどんどん深くなって、4mm以上の深さになると、「歯周ポケット」と呼ばれるようになります。

歯周ポケットが深くなればなるほど、そこに食べカスや細菌の塊が溜まりやすくなります。

その結果、歯ぐきの炎症がひどくなっていきます。

歯を磨いただけで出血するのは、炎症が悪化して歯ぐきがもろくなっているからなのです。

やがては歯を支える骨である歯槽骨が溶けていき、歯がグラグラと動くようになります。

そのままにしておくと、最終的には抜歯をしなければいけなくなるのです。

このように、歯のケアを正しく行わないと、歯周ポケットが深くなって、炎症がどんどんひどくなっていきます。

炎症を引き起こすのが、細菌の塊である「プラーク(歯垢)」なのです。

2022年11月02日 15:24|コメント(0)トラックバック

認知症になりたくなければ歯を守りましょう(12)

歯のケアだけで、前号の話のように7つの凄い効果が期待できるなんて、こんなにもありがたいことは、なかなかないんじゃないでしょうか。

しかし、何回もお話しているように、今までのようなやり方でただ歯を磨くだけではダメです。

正しいポイントをおさえたケアで歯を守らなければ、脳の老化を防ぐことはできません。

こうなると、自分の歯のケアは大丈夫なのか、気になりますよね。

それで、あなたがしっかり歯のケアができているかどうかを確認するための「チェックリスト」を用意しました。

ひとつでもチェックが入れば、あなたの脳の寿命は短くなり始めている可能性があります。

脳寿命チェックリスト

☐ 35歳以上である

☐ 朝起きたときに、口の中がネバネバする

☐ 口臭がある

☐ 1回の歯磨きは3分以下である

☐ 歯を磨くと出血することがある

☐ 治療をしないで放置している歯、抜けたままにしている歯がある

☐ 1年以上、歯科医院を受診していない

いかがでしょうか?

ひとつどころか、いくつもチェックが付いた人もかなりいらっしゃるのではないかと思います。

でも、大丈夫です。

歯科医院で定期的にメンテナンスを行って、さらにポイントをおさえた正しいテクニックを実践して歯を守れば、脳の老化を防ぎ、脳を若返らせることができます。

そのうえ、さまざまな全身疾患を予防することも可能です。

2022年10月14日 14:24|コメント(0)トラックバック

認知症になりたくなければ歯を守りましょう(11)

正しい歯のケアをすることで期待できる7つの効果についてお話します。

(1)脳が活性化して、ヤル気や記憶力が高まる!

口は、大脳の支配領域のうち、1/3以上を占めています。

正しい歯のケアで、口の中を刺激したり、歯でモノをよく咬んだりすることで、脳を活性化して、ヤル気や記憶力を高めることができます。

(2)認知症や全身疾患を予防し、「健康寿命」が延びる!

歯周病が原因となってさまざまな全身疾患を引き起こします。

しかし、正しい歯のケアで歯周病菌を減らすことで、認知症、誤嚥性肺炎、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞をはじめとする全身疾患を予防することができます。

(3)生涯医療費が大幅に安くなる!

歯周病を予防することで、歯をたくさん残して、なおかつ全身疾患のリスクが低下します。

そのため、正しい歯のケアを続けると、生涯医療費が大幅に安くなります。

(4)口臭を抑えられる⁉

口臭は周りの人からも嫌がられることがあります。

でも、正しい歯のケアを行えば、口臭を抑えることも可能です。

(5)何歳になっても、好きな食べ物が食べられる!

正しい歯のケアで、多くの歯を守っていけば、いくつになっても自分の歯で好きなものが食べられます。

好きな食べ物を食べられることは、大きな喜びでもあり、人生が豊かになります。

また、好きな食べ物をたくさん食べることで必然的に咬む回数が増えて、脳が活性化します。

(6)寝たきりを予防できる!

高齢者が寝たきりになってしまうきっかけとして多いのが、転倒による骨折です。

スウェーデンの調査では、高齢者で中等度以上の歯周病があると、大腿骨頸部や手の骨折のリスクが2倍になるという結果が出ています。

しかし、正しい歯のケアでたくさんの歯があると、転倒しそうになったときに、奥歯を咬みしめることで踏ん張りがきいて、転倒しにくくなります。

(7)孤独に陥らない!

歯を失うと、人前で口を開けることがイヤになったり、入れ歯が合わなくて言葉が不明瞭になったりすることで、人とのコミュニケーションを避けて、孤独になっていく人もいます。

正しい歯磨きで、多くの歯を守ることができれば、いくつになっても人との楽しいコミュニケーションを続けることができます。

2022年09月22日 15:50|コメント(0)トラックバック

認知症になりたくなければ歯を守りましょう(10)

今すぐあなたに歯のケアを意識していただきたい理由が、前号までの話の他にもあります。

それは、歯のケア次第では、生涯にかかる医療費が1000万円以上も安くなる可能性があるからです。

日本歯科医師会が、全国の40歳以上、約19000人を対象に行った調査では、残っている歯の数が20本以上ある人は、0~4本の人よりも、年間の医療費が平均で175900円も低いという結果が出ました。

この金額を1日あたりに換算すると、175900円÷365日=約482円となります。

つまり、歯を20本以上キープする歯のケアを続けることで、毎日約500円もの医療費を得することになるのです。

ところで、なぜ歯の数で、生涯医療費にこれほどまでに差が出るのでしょうか?

実は、残っている歯の数の多い人は、認知症のリスクが下がるだけでなく、全身疾患のリスクも下がるのです。

大人が歯を失う主な原因である歯周病が、さまざまな病気の発症率を高めていることが、学会などの報告で明らかになっています。

その発症や悪化に、歯周病が関わっていると考えられる主な病気には、

・アルツハイマー型認知症

・血管性認知症

・誤嚥性肺炎

・糖尿病

・動脈硬化

・脳梗塞

・心筋梗塞

などが挙げられます。

正しい歯のケアを身に付けると、これだけの病気が予防・改善できるわけです。

この先、私たちの寿命は伸び続け、2050年には、日本の100歳以上の人口が100万人を超えると推測されています。

もしあなたが100歳まで生きるとして、そのときに歯が0~4本しか残っていないとしましょう。

先ほどのデータをもとに、歯周病患者が増え始める前に40歳以上から100歳までの60年間分の医療費の差額を計算すると、年間平均医療費175900円×60年=1千55万4000円となります。

つまり、残っている歯が20本以上ある人に比べて、1000万円以上も多く生涯医療費を支払わなければならないことになるのです。 もしこの1000万円を支払わずに済めば、老後のお金の心配はずいぶん減るのではないでしょうか

2022年08月06日 14:23|コメント(0)トラックバック

認知症になりたくなければ歯を守りましょう(9)

脳を活性化し若返らせるためには、歯をしっかり守るための歯のケアを行えばよいのです。こう言われたあなたは、もしかしてこのように思っていませんか?

「それなら自分は歯磨きを1日3回しているから大丈夫だな」

「自分はほとんどむし歯がないし、きちんとケアをしているから、この調子なら問題ないな」

いえいえ、今までのやり方で大丈夫だったのは、これまでの話です。

実は、歳をとってくると、口の中の環境が変わって、ある細菌が増えやすくなってきます。

それが歯周病菌です。

歯周病は、歯周病菌の感染によって起こる「歯ぐきの炎症」です。

ごく軽い炎症からはじまるので、痛みもなく自覚症状がありません。

静かに進行して、違和感に気づいて歯科医院に行くころには、すでに歯ぐきも歯を支える骨もボロボロになっていることがよくあります。

そうなると、抜歯をするしかありません。

歯が無くなれば脳血流が減って認知症リスクが高くなってしまうことは、今までお話してきた通りです。

歯周病は脳を老化させる大きな原因なのです。

この歯周病は日本人の大人のほとんどが患っている、いわば国民病です。

その発症率は35歳前後から上がっていき、40代になるころには、なんと80%もの人が進行には差がありますが歯周病を発症しています。

実は、若い人の口の中にも歯周病菌はたくさんいるのです。

それなのに、35歳前後から発症率が増えていくのは、この頃から加齢により免疫力が低下するせいだとする説があります。

若いころは歯周病菌で歯ぐきに軽い炎症が起こっても治っていたのに、免疫力が落ちたせいで修復のスピードが追いつかずに歯周病が進行していくというわけです。

だとすれば、若いときと同じ歯のケアをしていたのでは、たちまち歯周病を発症することになります。

事実、むし歯がなかったり、歯磨きに自信がある人ほど、「自分は大丈夫だ」と過信して、歯科健診を怠り、歯周病を進行させてしまうことが多いのです。

歯周病は、風邪などと違って自然治癒しませんから、脳の老化を防ぎ、イキイキとした脳の状態を保ちたちなら、35歳からは歯のケアをこれまでと変えていかなければなりません。

2022年07月21日 10:59|コメント(0)トラックバック
ページトップ