医院ブログ|仙台市 泉区の市名坂歯科医院

医院ブログ

医院のブログ

リスク部位とは

少しずつジメジメとする日も多くなってきました1 (82).gif

もうすぐ東北も梅雨入りですね1 (89).gif

そんな6月は歯の衛生週間です1 (118).gif

普段から関心を持ってる方も

そうじゃない方もいると思いますが

まずは予防1 (45).gif

歯を守るためには自分のリスク部位がどこなのかを

知っておくのも予防の1つだと思います1 (125).gif

漫画やアニメでよく、主人公が右手に持った

歯ブラシを前歯に当ててゴシゴシ

大きく左右に動かす、、、

1度はそんなシーンを見たことがあると思います。

ただ、そんなブラッシングを30分続けたとしても

お口の健康を守ることはできません1 (70).gif

「毎日3回、歯ブラシしてるよ!!」

「ちゃんとメンテナンスに通ってる」

前向きに取り組まれてる方も

口腔内を覗いてみるとプラークがベッタリicon_eek.gif

自分のリスク部位を知らず十分なケアができていないのです。

たとえ3ヶ月に1度のメンテナンスに通っていても

歯を守ることは困難です。

メンテナンスを通じて歯を守るためには

患者さんが自分のリスク部位を理解し、

適切なセルフケアをしていただくことで

常にその部位を清潔に保てるのです1 (125).gif

リスク部位は人それぞれですが

たとえばむし歯のリスク部位

前歯よりも奥歯に多く発生していますが

プラークの付着量が多い部位とう蝕の好発部位が

必ずしも一致しているというわけではないのです。

前歯の裏側などはプラークの付着量が

もっとも多い部位の1つですが

う蝕の発生が少ない部位です。

これは、プラークのみによって左右せれるのではなく

自浄作用、緩衝作用、再石灰化といった抗う蝕効果を備える

唾液の影響を強く受けるからです。

唾液の流れから外れた部位では

一般的に食物残差が停留しやすく

持続的なプラークpHの低下が起こり

再石灰化も起こりにくいため

う蝕発症のリスクが高まります1 (82).gif

なので、唾液の流れがとても大切なのです1 (125).gif

例えば、一番奥歯は唾液の流れからも外れていて

歯ブラシも届きにくい場所です。

歯科医院での清掃も大切ですが

セルフケアとして、まず、

口を半開きにし歯ブラシを

ほっぺた側から入れてあげると毛先が届きやすいですので

試してみてください1 (23).gif

また、歯と歯の隣接面なども

歯ブラシが届きにくいので

歯ブラシのほかにもフロスや歯間ブラシの

併用もお勧めです。

リスクは人それぞれ違います。

そのため、セルフケアが不十分にもかかわらず

まったく問題が起こらない人もいれば

一般的なリスク部位ではないところに

発症する方もいらっしゃいます。

一番はできるだけ自分の歯で

美味しく咬めることです1 (91).gif

自分のリスク部位がどこなのか

理解するだけでも将来残せる歯が

増えると思います1 (33).gif

 

 

 

 

2018年05月29日 13:44|コメント(0)トラックバック

フッ素の大切さ

だんだんと暖かくなってきましたが

春は少し風が強いですね1 (110).gif

季節の変わり目は体調を崩される方も多いようです1 (82).gif

 

今日はフッ素についてお話したいと思います1 (125).gif

よく「フッ化物配合歯磨剤」と言う文字を見たり

聞いたりしませんか?

お子さんにフッ素を塗られる方も多いと思います1 (125).gif

フッ素にはむし歯予防効果があって

フッ素が歯の表面に酸で溶けにくいフルオロアパタイトを

作るため、う蝕に効果的だと考えられていましたが

ある博士がフッ素がう蝕予防効果を発揮するのは

「再石灰化促進」であることを発表したのです1 (118).gif

この研究結果によって1000ppmのフッ化物を配合した歯磨剤の使用後

お水で口をすすいでも口腔内に残る低濃度のフッ素でも

う蝕予防に効果があることの根拠になりました。

今では高濃度のフッ素塗布では、フルオロアパタイトとともに

唾液に溶けにくいフッ化カルシウムがエナメル質表面により多く

できることが分かり、そこから低濃度のフッ素が長期間にわたって

徐放されて再石灰化を促進することが分かったのです。

1980年、低濃度のフッ素が主役に!!

まずは、再石灰化の前に”脱灰”について。

口腔内の細菌は食べ物の糖から酸を作り口腔内のpHを中性から酸性に変えます。

歯のエナメル質と言われる成分は酸に弱く、酸性になると溶け出してしまいます。

これを脱灰と呼びます。

酸性になった口腔内は15~30分経つと唾液により

酸性から中性に戻り、脱灰も止まります。

その後、唾液中のカルシウムやリンが脱灰した場所に戻り

再び石灰化が始まります。

これが再石灰化です。

脱灰と再石灰化は食事のたびに繰り返されていることになります。

ちなみに脱灰は結晶を破壊するだけなので短時間ですが

再石灰化はカルシウムやリンを積み上げているため

時間がかかるんです。

なので、食事をとる回数が多ければ多いほど

酸性の時間が長くなりますから

再石灰化の時間が短いと脱灰の進行が早く

表面が崩壊し、再石灰化する前に

むし歯になってしまうのです1 (69).gif

では、再石灰化を促進させるためには?

脱灰した表面にアパタイトが沈着する決め手となるのが

リン、カルシウム、フッ素の3つです。

ただ、唾液中のリンとカルシウムは個人差があるため

決定打はフッ素ということになります。

フッ素があることで再石灰化のスピードはぐっと速くなります。

う蝕は年齢に限らず増え続けているのが現状です。

予防で肝心なのが、いかに多くの量のフッ素を長時間、口腔内に保持できるか!!です!!

歯磨き粉を購入される際は裏側を見てもらい

フッ化物高濃度配合を意識してもらえればと思います1 (63).gif

2018年04月13日 13:44|コメント(0)トラックバック

3月3日、ひな祭りですね1 (3).gif

桃の節句と言えば

ちらし寿司やハマグリのお吸い物

菱餅に白酒1 (33).gif

ひなあられも楽しみの1つです1 (92).gif

個人的にはハマグリのお吸い物は

この時期にしか食べないので

とても楽しみにしています1 (81).gif

ハマグリは栄養価も高く

鉄分やカルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラル分が豊富です。

体の健康はお口の健康にもつながります1 (68).gif

 

 

 

2018年03月03日 13:48|コメント(0)トラックバック

新年会

まだまだ寒い日が続いていますが

体調などは崩されていませんか1 (75).gif

先週は市名坂歯科の新年会がありました1 (125).gif

012

010

大好きなせり鍋を頂き

美味しい料理で満たされました1 (117).gif

また1年頑張りたいと思います1 (61).gif

2018年01月15日 13:32|コメント(0)トラックバック

今年もあと1ヶ月

師走に近づくにつれ、ますます寒くなってきました1 (82).gif

今年もあと1ヶ月ですね1 (125).gif

疲れなどがたまってくると口の中にも影響が出やすいです1 (69).gif

年末の大掃除とともに、お口の中も大掃除1 (92).gif

引き続きホワイトニングのチケットも

配布してますので興味のある方はぜひ1 (79).gif

 

2017年11月29日 10:56|コメント(0)トラックバック

超音波噴霧器

だんだん寒くなってきましたが

体調などは崩されてないですか1 (125).gif

この時期多くなってくるのが

インフルエンザやノロウィルスですよね1 (71).gif

たくさん人が出入りする場所は

菌が浮遊しています。そこで市名坂歯科では

室内空間を素早く除菌・消臭してくれる

POIC水を用いた噴霧器を待合室に置いています1 (125).gif1 (92).gif

より安全に、安心して

来院していただきたいと思います1 (63).gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年10月24日 11:17|コメント(0)トラックバック

秋の口腔ケア

短い夏も過ぎて少しずつ肌寒くなってきましたね1 (34).gif

読書の秋、スポーツの秋、実りの秋、食欲の秋など色々ありますが

最近は食中毒などのニュースもよく聞きます1 (47).gif

秋から冬にかけては、インフルエンザやノロウイルスによる感染性胃腸炎など

ウイルスや細菌による感染症が流行する季節なんです1 (122).gif
感染が増えるのは空気が乾燥することで、

ウイルスの水分も蒸発して空気中に漂いやすくなるとともに、

乾燥を好むのでウイルスの感染力そのものも強まります1 (118).gif

さらに空気が乾燥していると、くしゃみやせきの飛沫が小さくなり

飛沫に含まれるウイルスが遠くまで飛びやすくなることで、

感染が広がり、感染のスピードも速いんです1 (82).gif

人ののどや鼻の中は粘液で適度に湿っていてウイルスなどの侵入を防ぐ役割をしていますが、

のどや鼻の粘膜が乾燥して傷むため、ウイルスなどが体内に侵入しやすくなるのです。

歯垢や歯石、舌苔などがあってお口の中が汚れていると

菌が増殖しやすくなります1 (70).gif

口腔ケアでお口の中を清潔にしておくことも、感染症予防の1つです1 (79).gif
手洗いとうがいも忘れずに

たくさん美味しいものを食べましょう1 (125).gif

2017年09月20日 10:33|コメント(0)トラックバック

夏は口臭も⁇

ここ数日、過ごしやすい日が続いていますね1 (16).gif

暑かったり寒かったりですが

体調などは壊してないですか1 (125).gif??

夏は食欲不振などで

ついつい冷たい食べ物や飲み物

のど越しのいいものばかり

選んでしまいがちですよね1 (47).gif1 (44).gif

ここで注意してほしいのが口臭です1 (69).gif

夏だけでなく、朝ご飯を抜かしたり、

朝食をゼリー状の栄養補助食品等で済ませている人も、

口臭がキツくなる傾向にあるようです。

一般的に、口臭の主な原因は、舌苔だといわれています。

舌苔とは、舌表面に付着している白くて苔っぽいもののこと。

口の粘膜は、皮膚の垢と同じように古くなった細胞が剥がれ落ち、

舌の上に白く溜まって腐敗し、それが舌苔にicon_eek.gif

さらに、食べ物のカスからも成り立っています。

歯を丁寧に磨いても、舌苔があると口臭は防げません1 (82).gif

だからといって舌磨きはNGです1 (4).gif

なぜ舌苔が増えるのか1 (44).gif

それは食事に原因があるようです。

よく噛んで食べると、飲む込む前に食材を塊のような形状にしていること、ご存じですか?

この塊を、医学用語で“食塊(しょっかい)”といいます1 (63).gif

ゴクンと飲む込むときに、食塊が舌の上を摩擦し、掃除してくれるのです1 (33).gif

夏バテ防止のためにもしっかり噛んで食べることが大事なんです1 (91).gif

 

 

2017年08月07日 12:04|コメント(0)トラックバック

ミラクルデンチャーの種類と違い

今日はミラクルデンチャーの種類と

その違いについてお話しましょう。

ミラクルデンチャー金属床とミラクルフィットの2種類があります。

・金属床は強固な金属のフレームを使用してるので

強い咬む力に対して丈夫でたわみにくい為

長く使っていても変化が起きにくく安定した状態が保てます。

・金属は丈夫なのでプラスチックでは不可能な

義歯の縁を薄くすることができる為

義歯を使用していて一番気になる

上あごの前歯の部分の違和感を軽減することができます。

・金属床と言っても見えない部分に金属を使用するので

審美的にはミラクルフィットと遜色ありません。

 

・ミラクルフィットはプラスチック義歯です。

保険の義歯よりは小さく、軽く、製作できますが

強度を保つためにはある程度の厚みが必要です。

・ミラクルデンチャーも日々進歩し改善されてきてます。

強度を増すための工夫もされてきてますが

咬む力が強い方、違和感をより軽減したい方は

金属床の方が良いと思われます。

2017年07月03日 18:32|コメント(0)トラックバック

PMTC

皆さん、歯磨きだけでは落とせない

汚れがあることをご存じですか1 (125).gif

今日は歯のクリーニング“PMTC”について

お話したいと思います。

プロフェッショナル、メカニカル、トゥース、クリーニング

の頭文字でPMTCと言います1 (13).gif

歯ブラシで届かない場所や

磨き残したプラークはネバネバに1 (69).gif

時間が経つほど頑固になるプラークは

歯磨きだけでは落としきれません1 (69).gif

もちろん歯磨きも大切です1 (117).gif

ですがそこにPMTCをプラスすれば

ツルツルピカピカに1 (48).gif

しかもPMTCをした場合

自宅での歯磨きのみに比べ

70倍のむし歯になりにくいとのデータも1 (16).gif

『歯が悪くならないように』

普段の予防と早めのケアをぜひ1 (91).gif

2017年06月17日 13:54|コメント(0)トラックバック
ページトップ