医院ブログ|仙台市 泉区の市名坂歯科医院

医院ブログ

医院のブログ

金属アレルギー

最近、テレビや週刊誌などで歯科金属アレルギーについて取り上げられることが

多くなりました。皮膚科に通院しても改善されず、もしかしたら金属アレルギーではないかと

自分で疑われる方も多くなっているように感じます。

アレルギーとは何か?

身体には体外からの異物(抗原)に対抗する物質(抗体)を作って身体を守ろうとする働きが

あります。

これは、身体にとって、いいものか悪いものかを判断して取り除いてくれます。

この機能がうまく働かないと、有害ではないものに対して過剰に反応することがあります。

例えば、花粉症は本来有害ではない花粉に対して過剰に反応して、鼻水、くしゃみ、目の

かゆみなどの症状があらわれます。

これを「アレルギー」といいます。

歯科で金属アレルギーはどうやって起こるのか?

歯科医院で使われる詰め物やかぶせ物の多くは何種類もの金属を混ぜ合わせたものから

できています。お口の中は、歯磨きで取れなかった汚れから出る酸や唾液にいつも接触しています。

また、飲み物や食べ物に含まれる酸や冷たいもの、熱いものを摂取したときのお口の中の温度変化や

金属同士の接触や摩擦で腐食することがあります。しかも、お口の中は高温多湿な環境なので、金属

にとっては非常に過酷です。

このような環境の中で金属は金属イオンとなり溶け出します。金属イオンは、ほとんどが吸収されずに

便や尿、汗などで排出されます。

しかし、少量の金属イオンが蓄積されてからだのタンパク質と結合して、「抗原」になることがあります。

この抗原をからだが異物と判断してアレルギー症状がでることがあるのです。

むし歯の治療で詰められているもの、かぶせてある金属が歯科金属アレルギーの原因と

考えられています。

歯科治療をしたあとでアレルギー性の皮膚炎などの症状が出た場合には、金属アレルギーの

可能性が高いと言われています。

最近は歯科治療をするまえに金属アレルギーの有無を調べるパッチテストをすることが多いです。

しかし、判定率は100%ではありません。パッチテストで陰性だったとしても金属アレルギーに

なってしまうことがあります。

それは、パッチテストをするのは乾燥した皮膚の上なので、実際のアレルギーが起きるのは高温多湿な

お口の中なので、環境が全く違うからです。

もし、パッチテストで陽性だったらその金属には間違いなくアレルギー反応があると思っていいと思います。

歯科医師の先生と良く相談して治療を受けることをおすすめします。

 

 

 

2019年05月17日 14:00|コメント(0)トラックバック

糖尿病の一歩手前・・・

食後の高血糖について1 (70).gif

健診ではわからない食後の血糖値、わたしたちのからだは、空腹のときに血糖値が下がり

食事をすると血糖値が上がります。

健康診断で血糖値を測りますが、食事を摂らずに検査を受けるため、空腹時の血糖値を測定しています。

それは、血糖値が落ち着いている状態なのです。

もし健診で「血糖値が高い」と指摘されれば、それはもうかなり赤信号の状態です。

糖尿病になる寸前まで来てしまっています。

そこで、注目されているのが、食後血糖値です。

糖尿病の判定は、血液検査によってHbA1cと血糖値を測定して行います。

血糖値が上がりやすい食後に測ることにより、糖尿病になる危険性をより未然に防ぐことができます。

健診で「血糖値に異常がある」と診断されるひとは全体の1割です。

しかし、「異常がない」といわれる人の4割が、食後高糖値だということがわかっています。

「健診で問題なかったから大丈夫」と他人ごとで済ませてはいけません。

放っておくと空腹時の血糖値が上昇し、やがて糖尿病になります。

食後の高血糖を放っておくと、やがて空腹時も血糖値が上がり、常に血糖値が高い状態になります。

そうなるともう、糖尿病になるのは時間の問題です。

糖尿病になると、自覚症状がないまま進行します。

主に糖尿病網膜症、糖尿病神経障害、糖尿病腎症の合併症を引き起こします。

最悪の場合な心筋梗塞や脳卒中など死に直結する深刻な状態を引き起こします。

糖尿病になってからでは完治させるのはとても難しいことです。

空腹時の血糖値が高くなってからでは遅いので、食後高血糖の段階で予防することが大切です。

食後の高血糖を筋肉が抑えてくれます。

高血糖は、血液中に糖があふれている状態です。

その余分な糖を取り込んでくれるのが、筋肉です。

筋トレにより筋肉量が増えることにより、血液中にあふれた糖をどんどん取り込むので、

血糖値が正常に近づきます。

筋肉を増やすためには、タンパク質をしっかりとることも大事です。

「糖尿病っ太っている人の病気ですよね。」

なんて思っていたら大間違いです。実は体型にかかわらず、あまり運動していない人は

高血糖になりやすいのです。

なぜなら、運動をしていないと、筋肉の量が減り、さらに筋肉の中に脂肪がたまって質まで

落ちてしまうからです。

特に、痩せていて筋肉が少ない女性ほど危険だということも分かっています。

高血糖を予防するには、筋肉の量と質、両の改善が必要です。

2019年02月02日 14:01|コメント(0)トラックバック

糖尿病も歯周病もコントロールが大切

最近、気になることがありました。

歯周病が進行していて、糖尿病にも罹っている人に会う機会がありました。

あまり危機感を持っていないことに驚きました。

やはり症状が出にくいことが一番の問題なのかもしれません。

その人は40代ぐらいの男性、歯科医院を受診するようにすすめました。

そこで今回も前回と同様に歯周病と糖尿病についてお伝えします。

糖尿病と歯周病の悪循環を断ち切るためには、それぞれを安定した状態にコントロール

することが大切です。

糖尿病をコントロールするためには、医師の診察を受けることだけでなく、生活習慣や

運動習慣の見直しが欠かせないことです。

歯周病も進行を抑えるためには、歯科医院でのプロフェショナルな治療と毎日丁寧なセルフケアが

必要です。糖尿病と歯周病はどちらも生活習慣病ですから、治療だけでなく早い時期からの口腔管理

と生活習慣の改善を心掛けることが大切です。

しかし、食生活を見直して栄養バランスのとれた食事をこころがけても、よく噛める歯や口腔機能が

なくては、うまく消化されません。むし歯を治療して、入れ歯をつくり、しっかりと噛めるお口の

環境作りも血糖のコントロールのために重要です。

また、喫煙については糖尿病の合併症を悪化させ、さらに歯周病も悪化させる要因になります。

糖尿病と歯周病をコントロールし、からだもお口も健康にするため、ぜひ禁煙しましょう。

糖尿病をコントロールするためには・・・

食事療法:栄養バランスの取れた食事をゆっくり良く噛む

運動療法:日常生活に運動を取り入れて、毎日続ける

薬物療法:主治医とよく相談し、自己判断をしない

歯周病をコントロールするためには・・・

セルフケア:お口の状態に適した清掃用具を使って丁寧に磨く

専門的ケア:歯科医院で歯や歯周ポケット内のケアをしてもらう

咀嚼機能の維持と改善:むし歯の治療や入れ歯の調整などをうける

1 (92).gifかかりつけ歯科医院で定期検診を受けましょう1 (92).gif

糖尿病や歯周病は、どちらも進行するまで自覚症状が出にくい病気です。

定期的に医師や歯科医師の検診を受けましょう。

糖尿病の方は、歯の痛みや歯肉からの出血がなくても歯周病になりやすいので

歯周病やむし歯のチェックを受けることをおすすめします。

食事のあとに、丁寧に歯を磨いても歯周ポケットのように歯ブラシが届きにくい

場所があります。また、磨きにくい場所に歯石がついてしまうことがあります。

定期検診と一緒に歯科医師や歯科衛生士による専門的なケアを受けることが大切です。

 

 

2018年10月23日 09:44|コメント(0)トラックバック

糖尿病と歯周病の関係

糖尿病と歯周病は・・・1 (82).gif

関係がなさそうな病気ですが、とても関係が深いことを知ってますか?

糖尿病は、生活習慣病の代表的な病気です。

血糖コントロールの悪い状態が続くと、「糖尿病網膜症」「糖尿病性腎症」「糖尿病神経障害」

「動脈硬化」などの合併症が起こり、命を脅かすような脳梗塞や心筋梗塞などにとながる恐れがあります。

歯周病は、歯周病菌の感染による口の中の病気(歯周組織の慢性炎症)ですが、歯周病菌が全身に関わる

ことで歯周病も糖尿病の合併症の一つと言われています。

ところが、最近さまざまな研究から歯周病は糖尿病の合併症の一つということだけではなく、血糖コントロール

にも影響すると指摘されています。

糖尿病になるとからだにさまざまな変化が起こり、口の中の環境も変えてしまいます。

①口の中が渇くため、唾液による自浄作用が低下し、口の中に細菌が停滞する。

②唾液中に糖が含まれるため、歯垢(歯の表面に付着する細菌の塊)が増殖する。

③からだの免疫力が低下するため、歯周病菌に感染しやすい。

④血流障害や代謝異常が生じて組織の修復力が低下するため、歯周病が進行しやすい。

このように、糖尿病になると歯周病になりやすく、さらに歯周病になると重症化しやすい

と言われています。

歯周病が血糖コントロールを悪化させる?

近年、歯周病の進行により生産されるTNF-αという炎症性のサイトカインが血糖コントロールに

悪影響を及ぼしていると言われています。

歯周病が進行すると、歯と歯ぐきのすきまが深くなり歯周病ポケットが形成されます。

歯周ポケットのなかは、酸素がなくても増殖できる細菌(嫌気性菌)にとって居心地の良い場所です。

嫌気性菌である歯周病菌はポケット内で増殖します。そして内毒素を放出して歯周組織を破壊していきます。

この内毒素は、歯周ポケット内の歯肉面から血管内に入り込んで、TNF-αという炎症性のサイトカインの産生を

促進します。このTNF-αは、インスリン(血糖値を下げるホルモン)の働きを悪くするため、血糖値が高くなる

と言われています。

このように、歯周病が血糖コントロールを悪化させると推測され、血糖コントロールの不良は歯周病の進行に

つながり、お互いに悪化させる悪循環に陥ると考えられています。

お口の中の管理を怠らず、生活習慣の改善に努めましょう。

 

 

2018年09月03日 13:10|コメント(0)トラックバック

オーラルフレイル

日本人の平均寿命は延び、女性が87.14歳、男性が80.98歳となり

過去最高を更新しました。(2016年現在)

長寿だけでなく、元気に長生きすることの重要性が注目され、「健康寿命」という言葉がよく使われるようになりました。健康寿命を延ばすためには、「病気の早期発見・早期治療」だけでなく「“危険な老化のサイン”の早期発見・早期対処(元気で長生きするために)」が重要です。

さらに最近では、“危険な老化のサイン”よりさらに軽度なサイン、つまり“ささいな身体のトラブル”を見逃さないことも重要になってきました。

それが「フレイル」という考え方です。

このフレイルという言葉は従来の虚弱という意味ですが、前向きな気持ちで様々な予防を実践することにより色々な機能を戻すことができることを意味したことばです。

高齢者のお口に目を向けてみますと、現代の高齢者は自分の歯を多く残されており、80歳で20本の歯を残すことを目標とした「8020運動」達成者は、5割を越えています。(2017年調査)

こういったお口の状況になった現在、高齢者の快適な食を支えるためには、歯の本数だけではなく、それに加えて

“お口の働き(口腔機能)のささいな衰え”を軽視しないことの重要性が注目され、「オーラルフレイル」という概念が提案されました。

オーラルフレイルとは、直訳すると「口の機能の虚弱」ですが、これはお口のまわりの“ささいな衰え”を放置することが、お口だけでなく身体状態までドミノ倒しのように“負の連鎖”につながる危険性をしめしています。

具体的には、お口の機能低下みられ、滑舌が悪くなり、噛みにくいと感じる食べ物が増え、それを放置したり、無視したりしてしまうと、次の段階として、食欲低下やバランスの良い食事を摂ることが難しくなり、噛む力や舌の動き、食べる量が低下し、さらに低栄養、サルコペニア(筋肉減少症)を引き起こすことになります。

オーラルフレイルの段階、フレイルの前段階で早く発見できて適切な処置やトレーニングができれば、健康な状態にもどることができます。

健康の秘訣は、栄養と運動と睡眠といわれていますが、高齢者にとっては、健康なお口でなんでもたべられることが、一番大事なことかも知れません。

健康寿命をのばすためにも、かかりつけ歯科医院での歯科検診をおすすめします。

口腔機能向上のためのリハビリについても遠慮なくご相談ください。お待ちしております。

 

 

2018年07月06日 15:26|コメント(0)トラックバック

口腔機能の虚弱

高齢者の方で、お口の動きが悪くなり、うまく噛めない食べ物が増えると、十分な

栄養が摂れなくなります。

また、滑舌が悪くなり、話しにくくなるので会話や人との交流が少なくなりやすく

その結果、からだを動かすことが減り、家に閉じこもりがちにはります。特に

高齢のかたは、その危険性が高くなります。

このように口腔機能が虚弱になることを「オーラルフレイル」といいます。

オーラルフレイルが発端となって心身の虚弱な状態を招くことがあります。

歯が健康で口腔機能が維持できている人ほど、生活機能も高いという関係もはっきりしています。

・歯の本数が多いほど寿命が長い

・残っている歯が多いか、入れ歯を使って口腔機能を維持できている人ほど、認知症のリスクが低くなる

・失った歯が多いほど転倒しやすい

・口腔ケアをすることが肺炎予防につながり体調を維持できる。

オーラルフレイルにならないようにするには、どうしたら良いでしょうか。

それには口腔機能を保つことが一番大切です。そして口腔機能の軽度な衰えに早く気づくことがとても

たいせつです。

また、衰えてきたと思ったら、早期に改善策をとることがオーラルフレイルの予防につながります。

では、具体的に何が必要かというと若い時期から定期的な歯科検診と治療をうけて、失った歯は

補うことが大切です。

また、毎日自分で行えることは次のようなことがあります。

①噛むこと、飲み込むことの良い状態を保つ

噛む力があることや噛める状態を保っているか、むせずに飲み込む力

があるかが重要です。筋肉の力が衰えてしまうと、噛むことや飲み込むことが難しくなり

十分な栄養が摂れなくなることにもつながります。

噛むことや飲み込む力を保つには、口の周りや首などをよく動かすことが良いでしょう。

「パタカラ体操」や「お口の体操」などが効果的です。

継続して行うことにより、噛むことや飲み込むちからを保つこと以外にも、唾液の分泌を

よくする、発音がはっきりする、表情が豊かになるなどの効果も期待できます。

②口腔乾燥の予防

唾液は食べ物をまとめ、送り込むためや、口腔の粘膜を保護するために必要です。

その他にも消化・殺菌・緩衝作用など多くの働きをしています。加齢や服用している薬の影響などで

唾液の量が減ったり、出にくくなると、口の中の汚れが停滞しやすくなります。また、口腔の乾燥が

強いと舌が動きにくくなり「食べ物を送り込みにくい」「飲み込みにくい」『話しにくい」などの

問題が起きることがあります。唾液が少ないと感じたら唾液腺マッサージも有効です。

また、水分摂取量が少ないと口腔内も乾燥し脱水症状になることもあります。

毎日できることを続け、定期的な歯科検診などでオーラルフレイルを予防しましょう。

 

 

 

 

 

 

2018年05月25日 19:16|コメント(0)トラックバック

高齢者の誤嚥

高齢になってくるとお口や喉の筋肉量や機能が低下してしまい、

むせやすくなってしまうことがあります。

さらさらした水やお茶の方がむせやすくなるので注意が必要です。

なぜむせるのかを知って早めの予防を心がけましょう。

なぜ、むせるのか?

気管にフタをするタイミングが加齢などで遅れるから・・・

喉には喉頭蓋という器官があり、飲食物や唾液などが気管に侵入しない

役割を担っています。

息をするために普段は開いていますが、飲食物などが通る瞬間だけ喉頭蓋

が気管にフタをします。しかし、加齢や疾患が原因で機能が衰えて喉頭蓋が

気管にフタをするタイミングが遅れると、飲食物が気管に入り吐き出そうとして

むせてしまうのです。これを誤嚥といいます。

飲食物が気管に入ってしまうと・・・

肺炎につながるかのうせいも

食事の時に飲食物が気管に入るとむせますが、寝ているときなどに唾液などを

誤嚥してもむせないことがあります。(不顕性誤嚥)

むせたりしないので自分も周囲の人も気がつかず、知らないうちに肺炎になって

しまうこともあります。

高齢者の肺炎は、70%以上が誤嚥によるもので死に至ることもあるので要注意です。

むせない誤嚥のサインとは?

むせなくても誤嚥している不顕性誤嚥を防ぐためには、次のサインを見逃さないことが

重要です。常に意識して、気をつけましょう。

・飲み込み後の湿ったガラガラ声

・呼吸が苦しい

・37.5℃以上の微熱が続く

・肺雑音がある

・痰が増える、痰の色が黄色っぽい

誤嚥性肺炎の予防法

呼吸機能がよく働いていれば、力強い咳で誤嚥したものを吐き出せます。

呼吸筋は使わないと機能が低下しやすいので、深呼吸など胸を広げる運動をしましょう。

深い呼吸を意識する

・鼻呼吸でゆっくり深呼吸

・猫背は肺を押さえつけてしまうので、背筋をのばすことを意識する。

・うまく深呼吸ができないときは、胸を開いたり、肩を回したりする。

お口のケア

お口のケアが不十分だと、細菌が付着した飲食物や唾液を誤嚥して肺のなかで炎症が

起こりやすくなります。口の中はきれいにしておきましょう。

・歯だけでなく、歯ぐき、頬、上あごなどの汚れを見逃さない。

・入れ歯の方、歯がない方もおていれは忘れずに

・夜は口の中の菌も繁殖しやすいので、寝る前のお手入れはしっかりとしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

2018年04月07日 18:16|コメント(0)トラックバック

健康は歯とお口から

歯とお口の健康は全身の健康につながります。

むし歯や歯周病になると、細菌が全身をめぐり

体のさまざまな場所で病気を引き起こしたり悪化させたりします。

また、歯を失うと噛む、飲み込むなどの口腔機能が低下し、

高齢期に体が弱る原因になります。

噛む力・飲み込む力をつけて、お口の衰えを予防しましょう。

毎日の歯磨きを忘れずに、定期的に歯科健診をうけましょう。

2018年02月23日 19:11|コメント(0)トラックバック

あけまして おめでとうござさいます。

雪は少ないですが、とても寒いお正月でした。

皆様どのようにお過ごしでしたか?

インフルエンザが流行する時期ですが、対策は万全でしょうか。

部屋の加湿、手洗い、うがいなど。

当医院でおすすめのポィック水をうがいに利用してみてはどうでしょう。

口腔内細菌だけでなく、インフルエンザや風邪のウイルスにも

効果があるので是非試してみて下さい。

手洗いもとても大切で指1本1本、手首までしっかりあらいましょう。

2018年01月05日 16:56|コメント(0)トラックバック

ポイックウォータその後・・・

10月から始めて1ヶ月が過ぎました。

ポイックウォーターをホームケアで使って頂いている患者様も増えました。

タンパク汚れの除去効果は他の洗口剤にくらべたらとても良いのではないか

と感じるところがあります。

磨いたあとは、少し歯の表面がキシキシする感じがありますが、時間が経つとツルツルになります。

プラークが落ちたという感じです。

歯周病で出血したり、膿が出ている人には是非使ってみてほしいと思います。

歯磨きの方法も教えますのでご相談ください。

 

 

 

2017年11月21日 13:48|コメント(0)トラックバック
ページトップ