医院ブログ|仙台市 泉区の市名坂歯科医院

医院ブログ

医院のブログ

親知らずのケアの仕方

 

親知らずとは、大臼歯(大人の奥歯)の中で最も後ろに位置する歯であり、第三大臼歯が正式な名称で、智歯(ちし)とも呼ばれています。前から数えて8番目の歯です。永久歯の中で最後に発育します。

一般に17~21歳頃に生えてきますが、個人差があり、生えてこない人もいます。

また、生え方によってはお口のトラブルの原因になることが多い歯ですicon_sad.gif

【親知らずの生え方】

〇正常な生え方

特にトラブルがない限り抜歯の必要はありません。

歯磨きをして清潔に保ちましょう。

 

〇傾斜している、水平に生える

生えるスペースが不足していると、斜めや横向きに生えてきて、前にある第二大臼歯を圧迫するかたちになります。

汚れもたまりやすく歯磨きも困難なため、隣の歯にも、むし歯が発生しやすくなります。

このような場合は抜歯になる可能性が高くなります。

〇水平埋伏

あごの中で横向きになり生えてこない状態です。

隣の歯の根を刺激して、歯の根や周りの骨を溶かしてしまうことがあります。

このような場合も抜歯になる可能性が高いです。

【親知らずのお手入れの必要性】

親知らずは下記のようにトラブルが起こりやすい歯なので、丁寧にお手入れする必要があります。

〇親知らずはむし歯、歯周病のリスクが高い

一番奥に生えるため、歯ブラシの毛先が届きにくく、プラーク(歯垢)の除去が困難です。

そのため、むし歯や歯周病のリスク(危険度)が高くなります。

〇生え方に個人差がある

斜めに生えたり、横向きに生えるなど、正常に生えない場合が多くあります。

〇歯肉が腫れたり、痛みが出やすい(智歯周囲炎)

斜めに生えてきた場合歯と歯肉の間に隙間ができます。

ここにプラークや食べかすがたまると歯肉に炎症が起こり、腫れや痛みが生じます。

このような症状を『智歯周囲炎』といいます。

炎症がひどくなると、ほっぺたが腫れて口が開けにくくなったり、飲み込むときに痛みを伴ったりします。

〇抜歯や治療が他の歯に比べて困難

一番奥に生えることに加え、正常に生えないことが多いため、他の歯より抜歯や治療が困難な場合があります。

【親知らずのお手入れの方法】

親知らずを磨くときは歯ブラシやタフトブラシの毛先をきちんと歯に届かせて磨くよう意識しましょう。

1歯ブラシでのお手入れ方法

1.歯ブラシを斜め横から入れ、親知らずに毛をきちんと当てる

※口を大きく開けると頬が引っ張られて歯ブラシが入れにくいです。小さめに口を開けて斜め横から歯ブラシを当てましょう。

2.小さく動かして磨く

3.親知らずだけでなく、その手前の歯の後ろ側も磨きましょう。

2タフトブラシでのお手入れ方法

歯ブラシだけでは十分に磨けない場合はタフトブラシを使うとよいでしょう。

1.歯ブラシで磨いた後、鏡で磨き残しがないか確認したり、舌で触った感触がザラザラしていないかなど、チェックします。

2.タフトブラシはペングリップ(鉛筆の持ち方)で持つことをお勧めします。

3.鏡を見ながら、親知らずに毛先を当て、軽い力で小刻みに動かして磨きましょう。

※歯肉を傷つけないように、力の入れすぎや、動かし方に注意しましょう。

 

 

                                                                                                              

 

 

 

 

 

2019年07月10日 13:38|コメント(0)トラックバック

おやつとむし歯

皆さん、こんにちはicon_biggrin.gif

今回はおやつとむし歯の関係についてお話します1 (45).gif

 

皆さんのご家庭ではお子さんのおやつの時間は決められていますか?

実は、虫歯予防で一番大切なのは『おやつの与え方』なんです1 (36).gif

だらだら食べてしまうと、お口の中の歯垢(プラーク)は酸性状態になってしまいます。

酸性状態になると、酸が歯を溶かしてむし歯を進行させてしまいます。

特に乳歯は、エナメル質が薄く象牙質がもろく弱いので気を付けないといけません1 (82).gif

 

ですので、おやつの時間はしっかり決めて、それ以外の時間は与えないようにしましょう1 (48).gif

おやつは3歳までは1日2回、3歳を過ぎたら1日1回が目安になります。

おやつの量も与えすぎないよう、注意が必要です。

与えすぎると、食事が食べれなくなったり、食生活のリズムが崩れる原因にもなりかねません。

また、空腹状態になってから与えることも大切です1 (92).gif

 

また、むし歯菌は糖分が大好物です。

なので砂糖を沢山使ったお菓子は、当然むし歯になりやすくなります。

特にキャラメルのように歯に引っ付きやすいもの、飴のように長時間口に入れているものは、

与えすぎないようにしましょう1 (36).gif

子供にとって『おやつ』は栄養を補う『食事の一つ』です。

歯の健康はもちろん、栄養面でも優れたおやつを与えてあげたいですよね。

例えば、チーズや牛乳などの乳製品

とうもろこしやジャガイモなどの野菜

季節のフルーツなどがおススメです1 (48).gif1 (83).gif

 

乳製品や野菜、甘くないポテトチップスやせんべい、ナッツ類は

砂糖が少なく、歯に引っ付きにくいため

むし歯になりにくいおやつです。

逆に、砂糖を沢山含み、食べ終わるまでに時間がかかり

しかも歯にくっつく

ガムや飴、キャラメル

はむし歯になりやすいおやつです。

アイスクリームやプリン、ゼリーは砂糖を多く含んでいますが

すぐに食べ終わり、歯にもくっつく時間が短いので

どちらかと言うとむし歯になりにくいおやつと言えます1 (92).gif

 

また、食べ物以外にも糖分の多さに気付きにくい飲み物にも注意しましょうicon_eek.gif

一見、体によさそうなスポーツドリンクや乳酸菌飲料には砂糖がたっぷり入っています1 (45).gif

テレビのCMなどにより多くの方は市販されているイオン飲料は体によいと考えています。

汗をかいた時や入浴後やのどが渇いた時に積極的に与える傾向があるようです。

糖質が極めて高いので量に注意して与えて下さいね1 (58).gif

また、夕食後の間食にも注意しましょう1 (45).gif

唾液には歯を守る働きがありますが、就寝中は分泌が減少します。

夕食後は甘い飲み物、間食は避け、

歯磨きをして寝る習慣をつけましょう1 (92).gif

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年04月10日 13:44|コメント(0)トラックバック

歯ブラシ選びのコツ

皆さんこんにちはicon_biggrin.gif

今回は、あなたにピッタリな歯ブラシがみつかる4ステップについてお話します!

自分に合った歯ブラシ選びはオーラルケアの基本です。

皆さん、今使っている歯ブラシ、どんな理由で選びましたか1 (75).gif

「CMを見たから」「家族が買ってきた」「安かった」など、色々な理由があると思います。

でも実は、歯ブラシ選びは毎日の歯磨きの質を左右するくらい大切なことなんです。

歯と歯ぐきの状態やケアの目的に合わせて選ばないと

「歯磨きしているのにプラークやステインが効率的に落とせていない」「歯ぐきが痛くなった」

ということにもなりかねないんですicon_eek.gif

意外と簡単!4ステップで選ぶだけ

そこで今回は、オーラルケアの基本ともいえる「自分に合った歯ブラシの選び方」をお教えします。

以下の4ステップで選択すればあなたにピッタリの歯ブラシがきっと見つかります1 (48).gif

STEP1:ヘッドサイズを選ぶ

大きさの目安は前歯2本分ですが、磨き方に合わせて調整をします。

細かく磨くことができない人→普通サイズのヘッド

1本ずつ細かく磨くことができる人、特に奥歯などしっかり磨きたい人

→小さいサイズのヘッド・コンパクトヘッド・超コンパクトヘッド

STEP2:毛の硬さを選ぶ

毛の硬さは「歯ぐきの状態」「磨く時の力の入り具合」に合わせて選びましょう。

歯ぐきが弱っている→やわらかめ

歯ぐきが健康→ふつう

STEP3:柄の形を選ぶ

柄の形は歯ブラシの「握り方」「力の強さ」で選びましょう。

手に力が入らないorしっかり握れない(高齢者、子供)→パームグリップで握りやすい太めのハンドル

手にしっかり力が入るor強く磨いてしまう人→ペングリップできるまっすぐで細めのハンドル

パームグリップ→歯ブラシをグーで握る持ち方1 (48).gif

ペングリップ→鉛筆を持つような持ち方1 (84).gif

STEP4:毛先を選ぶ

毛先の種類はケアする「目的」から選びましょう

【歯周病・虫歯予防】歯と歯の間、歯と歯グキの間の歯垢(プラーク)を落としたい

→先細毛・超先細毛

【美白】歯の表面の汚れを落としたい

→歯面に効率よくハミガキを運ぶ四角断面毛

【重度歯周病】歯ぐきの腫れや出血が気になる人

→歯ぐきへのあたりが優しい3本毛

実際にどんな歯ブラシを選べばいいのかをそれぞれの特徴に合わせてご紹介します1 (100).gif

(例1)

お口が小さく奥歯などしっかり細かく磨きたい(STEP1)。

歯ぐきが弱り始めていて(STEP2)、歯周病が気になる(STEP4)。

しっかり力を入れてペングリップで磨くことができる(STEP3)。

そんな人には・・・超コンパクトヘッド×やわらかめ×まっすぐなハンドル、超先細毛

(例2)

お口は小さめで1本ずつ細かく力を入れて磨くことができる(STEP1.3

ハグキは健康で(STEP2)、ハグキよりも歯の着色汚れ(ステイン)が気になる

STEP4)。

そんな人には・・・コンパクトヘッド×ふつう×まっすぐなハンドル×四角毛

(例3)

あまり手に力が入らず細かく磨くことができない(STEP1.3)、ハグキが弱っていて

重度歯周病(STEP2.4)。

そんな人には・・・コンパクトヘッド×ふつう×太目ストレートハンドル×3本毛

沢山あって大変!と思ったあなたも、一度じっくり自分に合った歯ブラシを探してみて下さいねicon_biggrin.gif

 

 

2019年01月05日 14:19|コメント(0)トラックバック

歯ブラシの歴史

皆さん、こんにちはicon_razz.gif

今回は歯ブラシの歴史についてお話します。

健康な生活を送るためには、歯と歯ぐきの健康を保つ「オーラルケア」が大切だと言われています。でも、なぜオーラルケアが全身の健康にまで大きな影響を及ぼすのでしょうか。

歯や歯ぐきの健康が損なわれると、頭痛、顔面の痛み、不眠、食欲不振、気分の変化などを引き起こす場合があります。そして、歯周病や糖尿病、心臓病などの病気を悪化させるケースが報告されています。

オーラルケアに欠かせないもの。それが歯ブラシです!人類は、古代からさまざまな工夫をこらしてオーラルケアにつとめてきました。

江戸時代ごろにはインドから房楊枝(ふさようじ)が伝えられたといいます。庶民にも歯磨きが伝わったのが江戸時代中期です。歯磨き粉と房楊枝が商品になったのがきっかけです。房楊枝とは、木の枝を18cm程の長さに細く削り、煮て柔らかくした後、片方の先端を木槌で叩いてブラシ状にしたものです。                   江戸時代の歯磨き粉は陶器の材料となる陶土から作る磨き砂に、薬効のあるハッカやチョウジなどを加えたものです。

では、現在のような形の歯ブラシはいつ登場したのでしょうか。                       一説には、中国の皇帝が骨や竹を台にして、豚の固い毛を植えつけたものが発祥とされています。日本には明治時代も房楊枝が使われていましたが、やがて西洋歯ブラシが流入します。                       明治5年頃には「鯨楊枝」(くじらようじ)という名前で国産の歯ブラシが登場しました。しかし、名称は「楊枝」で、横楊枝、歯楊枝、歯磨楊枝などと呼ばれていました。本格的に製造が始まったのは、明治23年に大阪盛業会社が「歯刷子(はぶらし)」という名称で出品されたことがきっかけでした。

初期の歯ブラシはクジラのヒゲの柄に馬毛を植えたものでしたが、やがてセルロイド製が普及していき、関東大震災後には豚毛が使われるようになりました。しかし第2次世界大戦の戦中から戦後にかけて、セルロイドが不足し、木や竹に戻りました。

戦後、歯ブラシの生産は機械化が進み、大量生産が可能な樹脂の柄とナイロン毛の歯ブラシが出回るようになりました。その後、ブラッシングの方法や歯の形状に合わせた様々な商品が開発されてきました。

人類が何千年かけてたどり着いた技術で、より便利に確実に健康を手に入れることができるようになりました。とはいえ全身の健康とも関係が深い歯を守るために大切なのは、やはり地道な日々のケア。テクノロジーの力も借りながら、まずは自分で気をつけることが大切ですicon_biggrin.gif

 

 

 

2018年10月05日 12:04|コメント(0)トラックバック

はじめまして

皆さんはじめまして。

4月から入社しました林です。

出身は福島ですicon_razz.gif

これから、笑顔で頑張りたいと思いますので

よろしくお願い致します。

 

 

2018年08月07日 12:37|コメント(0)トラックバック
ページトップ