医院ブログ|仙台市 泉区の市名坂歯科医院

医院ブログ

医院のブログ

噛むことと唾液

みなさんこんにちは1 (117).gif

朝晩冷え込むようになってきましたが、体調を崩したりしていませんか?

今回は食欲の秋にちなんで、噛むことと唾液についてお話ししてみたいと

思います1 (34).gif

噛むということは、人の健康にとって、とても重要なことです。

奥歯が一本抜けると、噛む力は40%弱まるとも言われています。

うどん、豆腐、バナナのようなとても柔らかいものは、歯が0~5本でも

なんとか噛めますが、スルメイカ、フランスパン、ステーキなどは、

18~28本と、ある程度歯が残っていないと噛めません。

健康で豊かな食生活には、しっかりとした歯でよく噛むことがやはり

大切ですね!

よく噛むことの最大のメリットは、唾液がたくさん出て、消化がしやすい

ことです。また、噛むことで分泌されるヒスタミンという物質が満腹中枢に

働いて、「もうお腹がいっぱいだ」と感じさせるので、よく噛むことは

ダイエットにも有効です。また、噛むという機械的な刺激が、頭やあごの骨、

顔の筋肉の発育につながり、顔の表情を良くすることにつながります。さらに

大脳の働きを活発化します。もちろん、唾液がたくさん出ることによって、

むし歯や歯周病の予防にもなり、このように、「よく噛む」ということには

メリットがたくさんあるのです。

また、この唾液には、単にお口の中を潤すというだけでなく、たくさんの

大事な働きをしてくれています。

①自浄作用

食べた後の食べカスや細菌の塊である歯垢(プラーク)を洗い流してくれる

②再石灰化

飲食により歯の表面が脱灰(歯の表面が溶けかかる)したところを修復し、

むし歯へと進行するのを防いでくれる

③pH緩衝作用

飲食により酸性に傾いたお口の中を中和してくれる

④消化作用

酵素アミラーゼがデンプンを分解し、消化・吸収しやすくする

⑤抗菌作用

抗菌作用をもつ成分が口の中の細菌の増殖を防ぐ

⑥溶解・凝集作用

食べ物を噛み砕いて唾液と交じり合うことで味を感じやすくさせ、また

集めて飲み込みやすくする

⑦粘膜保護・潤滑作用

ムデンという粘性のある物質が、粘膜表面を覆って保護し、舌などの

動きを滑らかにし発声をスムーズにする働きをしてくれる

⑧粘膜修復作用

上皮成長因子と神経成長因子によって、口腔内にできた傷を早く

治してくれる

このように、よく噛んでたくさん唾液をだすことには多くのメリットが

あります。バランスよく噛むことも大事です。

お口の中や体のために、よく噛むことは大事ですが、おいしいものを

無理なく食べられ、味や食感を感じることも幸せの一つですね1 (114).gif

 

2018年10月12日 14:25|コメント(0)トラックバック

歯磨剤ついて

みなさんこんにちはicon_biggrin.gif

今日は、歯磨き剤についてお話ししたいと思います。

今では、薬局やスーパーの歯磨き剤コーナーには、たくさんの種類が並んでいて、

どれを買おうか?とても迷うところです。

厚生労働省が発行した「歯口清掃指導の手引き」には、歯磨剤は歯ブラシと併用して、

歯口清掃の効果を高めるために用いられる材料である、と記載されています。

また、歯磨き剤はその成分によって、

化粧品・・・基本成分のみでできているもの

医薬部外品・・・基本成分に薬用成分が加えられたもの

の2種類にわけられます。国内で販売されている約90%が医薬部外品で、そのうち

80%がフッ素配合です。

医薬部外品の歯磨き剤には、狙った効果によって、下記のうち1つか2つの薬用成分が

含まれていることが多いです。

①プラーク(歯垢)除去・再付着抑制

ラウリル硫酸ナトリウム、クロルヘキシジン、デキストラナーゼ、イソプロピルメチル

フェノール

●細菌の細胞壁に結合し抗菌性を発揮したり、陽イオン界面活性作用による洗浄効果と

細菌の細胞膜を変性させることで殺菌したりします。

②再石灰化・歯質強化(虫歯予防)

フッ化ナトリウム、モノフルオロリン酸ナトリウム、フッ化第一スズ

●プラーク中の酸産生の抑制、再石灰化の促進および歯質強化。最近では、1450ppmの

高濃度のフッ素配合歯磨剤が出ていますが、これは6歳未満の子供には使用できないので、

注意が必要です。

③歯石沈着防止

ポリリン酸ナトリウム

●歯石は唾液中のカルシウムとリンが反応し、リン酸カルシウムが形成される事で

でき始めます。このリン酸カルシウムの生成を阻止します。

④歯周病予防

トラネキサム酸、グリチルリチン酸、ビタミンE、イプシロン-アミノカプロン酸

●歯周病原細菌の殺菌、歯肉の炎症軽減作用

⑤象牙質知覚過敏の抑制

乳酸アルミニウム、硝酸カリウム、塩化ストロンチウム

●象牙質表面において結晶化し、象牙細管のブロックを行う。また、細胞外カリウム

イオン濃度を増加させ、感覚神経の活性を低下させます。

⑥色素沈着物(タバコのヤニ等)の除去

ポリエチレングリコール

●歯に付着する色素の多くは油性であるため、水にも油にも溶けるポリエチレングリコール

が色素を除去しやすくします。

⑦口臭予防

塩化亜鉛

●口臭のおもな原因である硫化水素、メチルメルカプタンなどに作用し、口臭を抑制します。

 

どの歯磨き剤が良いのかわからない、と言う方は参考にして選んでみてください1 (125).gif

ただし、歯磨きの主役はあくまでもハブラシです1 (42).gifどんなに良い歯磨き剤だとしても、

上手く磨けていなければ、その効果は発揮できません。

歯科医院で定期的なクリーニングを受け、自分では落としきれない汚れをキレイにし、

ブラッシングのチェックもしてもらいましょう1 (60).gif

 

 

 

 

 

2018年08月21日 17:39|コメント(0)トラックバック

電動歯ブラシ

皆さん、こんにちは1 (125).gif

ついこの前まで、肌寒い日もあったのに、急に暑さも厳しくなってきましたね1 (82).gif

体調など崩されていませんか?

さて、今日は電動歯ブラシについて、少しお話ししたいと思います。

皆さんは、電動歯ブラシを使ったことはありますか?

当医院に来院される患者様の中でも、自宅で電動歯ブラシをお使いの方が

増えてきました。

一口に電動歯ブラシと言っても、いくつか種類があり、それぞれ使用方法や効果などが

違ってきます。

①高速運動電動歯ブラシ

高速運動電動歯ブラシは、ブラシ部分が内蔵された小型モーターにより

2000~7500回/分、回転あるいは往復運動をし、毛先が当たることで

プラークを効率よく落としていきます。多くのタイプは、手磨きのようにブラシを

左右に動かしたりしなくて良いので、高齢者や介護を必要としている人に

適しています。

②音波歯ブラシ

音波歯ブラシは、周波数20~2000Hzの音波振動を3万~5万回/分、発生させて、

プラークを落としていきます。毛先が当たることでプラークを落とすとともに

音波振動による細かい泡や、高速の水流により、毛先の触れていない部分のプラーク

も落とします。こちらもブラシが動くので、自分で動かす必要はありません。

③超音波歯ブラシ

超音波歯ブラシは、歯ブラシの先端に電圧をかけて、100万~150万回/分の超音波

を発生させて、プラークを浮き上がらせるとともに、細菌の結合力を低下させると

言われています。超音波は人の耳には聞こえないほどの速い振動のため、手磨きようの

歯ブラシと同様に口の中で動かして磨く必要があります。

 

次に電動歯ブラシを選ぶ際のポイントです1 (99).gif

●ブラシは大きすぎない

●替えブラシが高すぎない

ブラシの毛先が傷んできたら、交換する必要があります。電動歯ブラシはブラシを

取り替える頻度が少なくなる傾向にありますが、目安としては3ヶ月です。替えブラシ

が高価だと、ますます交換時期が遠のきやすいので、本体を購入する時に替えブラシの

値段もチェックしておきましょう。

●重すぎない、持ちやすい

などです。ぜひ、参考にしてみてください1 (92).gif

 

最後に歯磨剤についてです。

特に何もつけずに磨いても良いのですが、使う場合は

●研磨剤が含まれていないもの

●低発泡のもの

●フッ素配合のもの

がおススメです1 (92).gif

電動歯ブラシは、手磨きとは比べ物にならないほどの振動数です。そこに研磨剤の入った

歯磨剤を使用すると、毎日のことですから、少しずつですが歯が削られてしまいます。

また、発泡剤が含まれていると、振動により泡が立ちすぎて、毛先が当たっているかの

確認がしにくくなります。

フッ素については、むし歯予防には欠かせないものです。できるだけ、フッ素配合の

ものを選びましょう。

時間短縮など、利点も多いです。機会があれば、ぜひ使ってみてください1 (91).gif

 

2018年06月29日 13:39|コメント(0)トラックバック

デンタルフロス

皆さん、歯ブラシ以外のケア用品、お使いでしょうか?

「毎日、きちんと歯磨きしているのに、なぜかむし歯ができてしまう・・・」

そんな経験をされた方も多いのではないでしょうか?

実は、歯ブラシだけでの歯磨きでは、プラーク(歯垢)除去率は60%程度にとどまります。

特に、歯と歯の間のプラークが充分に落とせていません。

そこで私達は、歯ブラシにプラスするケア用品として、歯間ブラシやデンタルフロスをおススメ

しています。歯ブラシと併用して、歯間ブラシやデンタルフロスを使うことで、80%以上のプラーク

が除去できると言われていますicon_eek.gif

デンタルフロスに限って言うと、予防歯科への取り組みが進んでいるアメリカでは60%、スウェーデン

では50%以上の人がデンタルフロスを使用しています1 (92).gif

ところが日本ではと言うと・・・icon_rolleyes.gifたった19%と、デンタルフロスの使用率はまだまだ低いです1 (89).gif

皆さんも、歯ブラシでは届かない歯と歯の間に付いた汚れをきれいに取り除くことのできる、歯間ブラシや

デンタルフロスを毎日の習慣としてみるのはいかがでしょうか?

ここでは、慣れるまでは少し扱いにくい「ロールタイプ」のデンタルフロスについて、お話してみたいと

思います1 (99).gif

この「ロールタイプ」のデンタルフロスは、必要量を切って指に巻きつけて使います。ワックスタイプと

ノンワックスタイプがあり、ワックスタイプは、繊維がワックスでコーティングされているので、歯間に

挿入しやすく、切れたりバラバラになりにくいので初心者におすすめです1 (91).gif

一方、ノンワックスタイプは、ワックスで固められてないので、繊維が広がりやすくプラークを落とす

効果が高いのが特徴です。

次に使い方です1 (99).gif

①一回分の長さのデンタルフロスを切ります。約40㎝、指先からひじまでの長さが目安です。

左右の中指に2~3回巻きつけ、人差し指と親指で間が1~2㎝程になるようにつまんで操作します。

②歯と歯の間にデンタルフロスをあて、小さく横に動かしながら間に挿入します。

鏡を見ながらゆっくり行いましょう。

③歯の根元まで入ったら、片側の歯に巻きつけるような感じでピッタリと沿わせ、フロスを上下に

動かしてプラークを落とします。もう一方の歯も同じように清掃します。

④取り出す時も、ゆっくりと横に動かしながら取り出します。

グィッと力を入れて押し込むと、歯ぐきを傷付けてしまうので、注意が必要です。

鏡を見て、場所を確認しながら、ゆっくり動かすのがポイントです1 (99).gif

使ってみたいけど不安だなぁ~、と言う方や、いまいち上手く使えないなど、

指導いたしますので、お気軽にご相談くださいicon_biggrin.gif

 

 

 

 

2018年05月16日 19:01|コメント(0)トラックバック

小腸ケア

皆さんこんにちは1 (32).gif

今回は、歯周病予防のための小腸ケアについて、お話ししたいと思います。

なぜ、小腸なのか・・・?と言うと、体に害を及ぼす物質や細菌が体内に入り込んだとき、

戦ってくれるのが免疫細胞なのですが、なんと、そのうち6~7割が小腸に存在しているのです。

小腸は外から入ってきた食べ物を体内へと取り込む重要な場所で、そこに住む免疫細胞を

活性化させることで、体内の細菌と戦う力が強くなります。

その活性化された小腸内の免疫細胞が、歯周病菌にも立ち向かってくれるのです。

①お口の中でトラブル発生

歯ぐきの中で歯周病菌が増えると、歯肉周辺の免疫細胞たちが戦い始めます。この戦って

いる状態が、腫れ・出血といった症状です。「どこかで異常は起きていないか」と体 内を

パトロールしている免疫細胞は、この緊急事態を感知し、小腸へ信号を送ります。

②小腸内の免疫細胞たちがSOSをキャッチ!!

SOSを受けるのは、小腸内に住む免疫細胞です。小腸は臓器の中でも重要な役割を担って

いるため、鍛えられた強者たちが集まっています。口腔内の異常事態を知り、助けに行く

準備を始めます。

③リンパ節を通って先鋭たちが口腔内へ出動

パトロール隊から要請を受けた小腸内の免疫細胞たちは、リンパ節を通りながら口腔内へと

出動します。もともと歯肉周辺にいた免疫細胞と一緒に歯周病菌と戦い始めます。

 

このように、免疫細胞が強ければ強いほど、歯周病菌に対抗できる力は大きくなるのです。

では、どのような方法で小腸内の免疫細胞を活性化させるのか?

それは、乳酸菌です!!

乳酸菌と言うと、多くの方はヨーグルトを思い浮かべるかとおもいますが、ヨーグルトは

あくまで整腸が目的となります。

免疫細胞を活性化してくれるのは、HKLー137と言う乳酸菌です。

今のところ、サプリメントが主流のようです。世に出ている乳酸菌の多くは、大腸の

善玉菌を増やす素材になります。しかし、最近何かと注目を集めているのが、免疫細胞に

働きかける乳酸菌です。中でも、HKL-137と言う乳酸菌は、小腸まで確実に届き、

免疫細胞を直接活性する力があるそうです。

その仕組みとは・・・

食べ物と一緒にHKL-137が小腸にたどりつく→

腸壁に待機している免疫細胞に引き寄せられ、取り込まれる→
免疫細胞の力が高まる

実は私もネットで、HKL-137の入った乳酸菌のサプリメントを、早速注文してみました。

風邪予防やお肌の調子も整えてくれるそうで、とても楽しみです1 (81).gif

続けてみて、その効果の程を、また報告させていただきたいと思います1 (21).gif

 

 

 

 

2018年03月30日 10:51|コメント(0)トラックバック

バレンタインデー

今日はバレンタインデー1 (43).gifですね1 (113).gif

チョコレートには、抗酸化作用や、気持ちを落ち着かせストレスを緩和して

くれる効果があり、また、集中力や記憶力を高めてくれる効果もあるそうです1 (117).gif

ミネラルや食物繊維も含まれます。

美容や健康にも良さそうですね1 (91).gif

とは言っても、むし歯が心配1 (70).gifと言う方は、色々とむし歯になりにくい

チョコレートも出ていますので、そちらを試してみるのも良いかもしれま

せんね1 (91).gif

 

 

 

 

2018年02月14日 15:38|コメント(0)トラックバック

良いお年を

今年の診療も、残すところあと2日となりました1 (112).gif

今年一年、皆様のお口の健康を守るお手伝いをさせていただきながら、

お口に関すること、またそれ以外のことなど、色々たくさん

お話でき、とても楽しく充実して過ごすことができました1 (79).gif

また来年も、市名坂歯科医院をどうぞよろしくお願いしますicon_wink.gif

皆様もお体に気をつけて、良いお年をお迎えください1 (58).gif

2017年12月26日 17:04|コメント(0)トラックバック

クリスマス

昨日、市名坂歯科医院では今年も皆様に楽しんでもらおうと思い、

毎年恒例のクリスマスの飾りつけを致しました1 (68).gif

女性スタッフばかりなので、ワイワイ1 (74).gifと、クリスマスの準備も

楽しいイベントです1 (79).gif

「歯医者さんは少し緊張するなぁ~」と言う方も、クリスマスの

雰囲気を感じて、少しでも和んでいただけますように、と思います1 (73).gif

2017年11月15日 10:30|コメント(0)トラックバック

除菌水

皆さん、こんにちは1 (125).gif

このたび、当歯科医院では皆様に、より安全安心な医療をお届けする

ために、診療室全体に除菌水を通す装置を導入しました1 (32).gif

今までは、水道のお水と同じものを治療に用いてきましたが、

今度からは、治療やクリーニングで使う機械から出るお水や、うがい用のお水も

除菌水となりました。これにより、お口の中を除菌しながら治療ができ、

また治療中に飛び散る飛沫なども瞬時に除菌ができるので、

感染も防ぎ、今までより更に安全な治療を行うことが可能になったのです。

治療や治療中のうがいに使う除菌水は、味や臭いは水道水とあまり変わらない

ので、分かりにくいかと思いますが、待合室の洗面所前に装置を設置しましたので、

良ければ一度、どんなものかな?と、見てみてくださいね1 (91).gif

 

 

2017年10月14日 13:43|コメント(0)トラックバック

続きます・・・

皆さんこんにちはicon_biggrin.gif

今日もパッとしないお天気です・・・

さて、先週に引き続きキシリトールのお話を1 (114).gif

当院においてある、キシリトールのガムやタブレットは、

キシリトール100%です1 (27).gifなので、ご自分用にご購入いただいたガムを、

歯医者さんおススメだから、と、安心してお孫さんにあげている、

と言うお話もいただきました1 (33).gif

また、ガムが苦手なので、タブレットを選んで買われた方もいます。

「一日にたくさんは無理だけど、続けることが大事ですね」と

継続されています1 (87).gif

何事も習慣づくまでが大変だと思います。

私達も、皆さんのお口の健康作りのお役に立てるよう、

色々と情報発信していきたいと思います1 (125).gif

2017年09月06日 18:42|コメント(0)トラックバック
ページトップ