医院ブログ|仙台市 泉区の市名坂歯科医院

医院ブログ

医院のブログ

サプリメント

厳しい暑さ続いていますが、夏バテしていませんか?1 (89).gif

体調管理は大事ですね。1 (48).gif

私も、最近サプリメントを飲むようになりましたが、

ふと、サプリメントを飲むタイミングって?

いつがいいのだろう と 気になりました。

そもそもサプリメントは(健康食品)ですが

大別すると2種類

栄養摂取を目的としたサプリメント

ビタミンC、ビタミンE、ビタミンD、亜鉛など

日常的に食事で摂取することのできるものと

機能性を目的としたサプリメント

脂肪の吸収を抑える目的のもの、

病気を未然に防ぐための予防を目的で摂取するもの、

健康維持するためのものとあるようです

サプリメントユーザの目的別数値調査をみると

健康の増進      43,2%

疲労回復       35,0%

特定栄養素の補給   39,9%

体調維持・病気の予防 50,3%

病状の改善      11,4%

美容         15,4%

ダイエット      14,0%

老化予防       14,5%

その他        12,0% の順になっているようです。

いずれにしても、効率よく摂取したいものです。

*ビタミン類は、食事と一緒に!

ビタミン、ミネラルは栄養素と一緒に摂ったほうが複合的に吸収されるたむめ、

食事中や食後すぐに飲むのがよいとされています。

*アミノ酸は目的に合わせて

アミノ酸は身体の筋肉をつくる主成分であり、

筋肉中のエネルギーとして使われるエネルギー源でもあります。

ダイエット効果やスタミナを維持するためのエネルギーとして

摂取したい場合は、食前やスポーツの前に飲むのがベスト
疲労回復効果を期待するならスポーツの直後や

就寝前に摂取するのがおすすめ
また、アミノ酸は食事と一緒に摂ってしまうと、食事に含まれている

たんぱく質が先に消化・吸収されてしまうので効率が悪くなりがち

なので注意が必要です。
*カルシウム・マグネシウムは空腹時に

この2つのサプリメントはアルカリ性なので食後すぐに摂ると

胃酸を中和してしまい消化不良が起きやすくなってしまいます。

つまり朝食前、昼食前、就寝前に摂るのが効果的で

食後2~3時間開けて摂るようにしましょう。

*コラーゲンは夜に

コラーゲンは夜寝る前に飲むのが効果的と言われています。

22時~2時ぐらいまでのお肌のターンオーバーが行われている時に

成分が行き届くように摂取してあげましょう

また、エステや、マッサージ後の血流が良くなっている時もおすすめのようです。

 

いづれにしても適量を守りまずは、3ヶ月継続的に続けることが重要みたいです。

私も効果がでるのを期待し続けてみたいとおもいます。1 (97).gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年07月28日 14:04|コメント(0)トラックバック

元気のヒント

西原口腔科診療所所長

日本免疫病治療研究会会長 医学博士

西原克成先生の 「子どもを病気から守る方法」コラムを読みました。


コラムによると

[赤ちゃんの健康は、お母さんから]

アレルギーなどの免疫系の病気を長年研究してきた中で、幼い頃に育った環境が

生涯の健康を左右すると感じています。

そして元気な子どもに育てるには、お母さん自信の健康も重要です。

胎児の成長には多くの酸素が必要となるため、妊娠中は体を温かくして

血液の循環をよくしておくことが大切です。

冷たいものを食べすぎたり薄着でいたりすると、

生まれてくる赤ちゃんの健康が損なわれてしまいす。

 

[赤ちゃんは腸が未完成]

アメリカやヨーロッパでは、子どもが2歳を超えても

母乳を与える育児法が主流となっています。

赤ちゃんは単に体が小さいだけでなく、腸が未完成なため一定期間は母乳で

育つようにできていることが明らかになりました。

これは、歯が生えて胃や腸が成長してくれる時期に合わせて離乳食を始めるのが

よいということだとおもいます。

 

[食べることを急がない]

かつて日本も母乳中心の子育てをしていましたが、

今では生後5~6ヵ月頃から離乳食を開始し、1歳になる頃には卒乳をする傾向があるようです。

赤ちゃんの胃腸が未熟なうちからタンパク質を含む離乳食を与えると、

母乳を与えられているときのビフィズス菌中心の腸内細菌が悪玉菌に変わり、

大人では吸収されない菌が白血球に取り込まれて体中にばらまかれるため、

アトピー性皮膚炎や喘息などアレルギーの原因となるのです。

子どものアレルギーが増えている背景には、離乳食が早いことが関係していると考えています。

 

[離乳食の注意点]

このように離乳食はできるだけおそく、早くても1歳を過ぎてからにするのがよいと

私は考えています。

開始時は、乳児用ミルクを活用したり、やわらかく煮た野菜など

ただ離乳食というと大人が食べるものを細かく刻んで赤ちゃんに与える人もいますが、

それはいけません。

また酵素の多いサトイモや山芋は離乳食には適しません。

生ものやアイスは発達障害やてんかん発症させることがあるので与えてはいけません。

 

[子育ては成長に合わせて]

近年アレルギーや低体温の子どもたちが増えていますが、

工夫次第でよくなっていくと考えられます。

赤ちゃんの体の成長に合わせた方法で栄養を摂取することで、

病気にかかりにくい元気な子に育つと考えています。


 

子どもの健康を願わない親はいないとおもいます。

元気なからだ、そして、1 (90).gif生えてきた歯1 (90).gifも、むし歯をつくらないようにしたいものです。

親次第なのかもしれませんね1 (91).gif

 

 

 

 

 

 

2018年06月16日 13:48|コメント(0)トラックバック

毎日の食事の大切さ

そよ風1 (22).gifが心地よいさわやかな季節になってきましたね。それなのに、なぜか体調も気分も

いまひとつ・・・という事ありませんか1 (52).gif

それって心のストレスかもicon_mrgreen.gif

新年度のバタバタもそろそろ落ち着いてくる頃ですが、「よし、頑張るぞ」と思っているのに、

なぜかイライラしたり、疲れてるのかヤル気が出ない・・・といった不調

もしかしたら、それは心からのSOS1 (66).gif

五月病という言葉があるように、5月の大型連休前後は、心身が不安定になるやすいといわれていますが

原因は、変化疲れ1 (89).gif

この時期は人間関係の変化が多い時期+忙しさに加えて様々な出来事に柔軟に対応する事を求められ

そうした負荷がストレスとなり蓄積され、ひと息ついた頃に、だるさや憂鬱などの症状となり表れてきます。

ストレスというと、いやな事・悪い事と思われがちですが、うれしい事もストレスになります。

例えば就職や昇進、卒業や入学といった、うれしい変化がストレスを招くこともあります。

高揚感のため気づきにきいのですが、気力や体力を余計に使うため、喜ばしいことであっても、

心身にとっては負荷になりえるようです。

 

心と体にきちんと向き合いあいましょう

通常、私たの心と体は、ストレスを受けても、時間とともにそのダメージから回復します。が

生活習慣乱れなどから、抵抗力が低下していると、重症化し、うつ病などの深刻な心の病を

引き起こすことに・・・

まずは「心身を休めて」というサインに気づくこと。そしてストレスを抱え込まないこと。

1 (59).gifストレスは心を成長させ、人生をよりよくするための刺激にもなりますので、上手につきあいたい

ものです。1 (60).gif

 

元気な心と体のために 5つの習慣

日の光を浴びる    自律神経の働きが乱れないように体内時計を整えましょう

体をうごかす     手軽にできる有酸素運動 ウォーキングやスイミングがおすすめ

ぐっすり眠る     香りや寝具を工夫して快適な空間づくり

気分をリフレッシュ  音楽を聴いたり、趣味に没頭したり。

呼吸法でリラックス

バランスよい食事   1日3回きちんとバランスのとてた食事(ビタミンと、ミネラル、カルシウム)を

時間をかけ、よく噛み味わうこと

私の母は、80代を超えていますが、5の習慣が自然と身についていて、

「 何よりも好きなものを(腹八分目)食べれる事が楽しみ」

そして、何でも食べれる歯が丈夫だからと、いつも言っています。

体のためにも、歯は大事ですね1 (91).gif1 (92).gif

2018年04月28日 14:00|コメント(0)トラックバック

防災グッツの中に口腔ケア用品も!

2011年3,11から7年になりました。当時はライフラインが寸断され、避難所生活を余儀なくされた方々

(自宅でも)お口の清掃を保てない状況が多々あり、、、口腔ケアは後回しになりがちでした。

水が出ない、歯ブラシもない、洗面所等も確保出来なかった

支援物資は、アメ、チョコレート、お菓子、水の変わりにジュウス、など砂糖の多いものがほとんどで

乳幼児・小児にとっては、一気にむし歯が多発する傾向にありました。

そこで水や歯ブラシがなくても ・ぬらしたガーゼやタオルなど指にまいて(みかん柑橘類の皮等で)

歯ブラシ代わりに歯の表面をふく

・ミシン糸など入手できたら、フロス(糸ようじ)がわりに

歯と歯の間の食物残渣を除去するなどいろいろ工夫されたようです。

 

また義歯(入れ歯)をなくしたり義歯が合わなかったり、噛めない、食べれない、飲み込めない       粘膜が傷ついたり、口内炎も起こりやすく、口腔に食べかす歯垢を多く停滞させ不衛生(口臭の原因)も加わって、誤嚥性肺炎を招きやすくなってしまう(口から健康を脅かす災害の連鎖)も問題だったようです。

日頃から義歯の調整は大事ですし、なによりお口の中が潤う事が重要で、そのために食前食後に唾液がよく出るような、口や舌の体操、唾液腺マッサージ効果的です。

歯科医院来院の際はお気軽にお尋ねください。

刺激のない洗口液なども取り扱っておいます。

 

2018年03月13日 14:56|コメント(0)トラックバック

口呼吸

医学は日々進歩しているにも関わらず、昔は少なかった免疫系の病気やがん、精神疾患が増えているそうです。

それらの病気につながる体の不調には、口呼吸や冷たいものの摂り過ぎ、睡眠不足などの生活習慣が関わっていると考えられています。

呼吸をするのは鼻からでも口からでも同じだと思われがちですが、口呼吸は鼻呼吸ほど体内に取り込める酸素量は大幅に少ないので(うまく酸素を取り込めてないと、頭がボーットしたりします)正しい呼吸をすることは大事

歯列不正で、口が開いたままになってたりなど、口腔に問題ある場合は、改善した方がよいですね

1 (29).gif1 (49).gif

 

 

 

 

2018年01月30日 15:55|コメント(0)トラックバック

プレゼント

お友達と会うときなど、お土産は何にしようか1 (44).gif考えることありませんか

私は職業がら、  歯磨き粉&歯ブラシセット

キシリトール100%gガム&タブレット

お土産にすることがあります。とても喜んでくれます1 (48).gif

患者さんの中には、誕生日のプレゼントに、進学のお祝いに、歯ブラシをプレゼントする方もいらっしゃいます

この時期1 (90).gifクリスマスプレゼント1 (90).gifにもいいかもしれませんね1 (91).gif

希望の方は、ラッピングもいたします。声がけください

 

2017年12月05日 13:22|コメント(0)トラックバック

チケット配布

11月に入り1 (60).gifオフィスホワイトニング1 (59).gifお得なチケット配布開始しました1 (48).gif

この機会にどうぞおためし下さい1 (91).gif

お電話お待ちしております。1 (79).gifDSCF2104

 

2017年11月02日 13:43|コメント(0)トラックバック

祝 25周年

おかげさまで 当医院は 1 (60).gif25周年1 (87).gifを迎えました。

これからも患者様第一に、治療はもちろん お口の中のケアーのお手伝いを

させて頂きたいと思います。

DSCF2079DSCF2086                        DSCF2087

どうぞよろしくお願いいたします1 (125).gif

2017年09月25日 13:31|コメント(0)トラックバック

お知らせ

8月1日から11月30日まで

後期高齢者歯科健診が始まりました(無料)この機会に嚥下機能チエック・口腔内健診を受けましょう

対象者の皆様、当医院でメンテナンス、治療を受けている方、初めての方も

案内状と問診票お持ちになりいらしてください。

(あらかじめお電話いただくと、待ち時間少なく出来ます)

 

2017年08月09日 13:15|コメント(0)トラックバック

仙台市デンタルケア・歯周病検診スタート

仙台市では、7月から(受診票が送付されてる方に限りますが)

20歳、30歳、40歳、50歳、60歳、70歳の方の

デンタルケア・歯周病検診を開始しました。

料金は(保険種類により異なりますが、)無料または500円です

是非この期間中対象の方は、受診ください。

「久しくお口を診てもらってないなあ1 (110).gif」という方、お電話お待ちしております1 (91).gif

2017年07月04日 11:54|コメント(0)トラックバック
ページトップ